メルマガ配信【e通信No12】より抜粋

2021.02.01 Monday|活動報告

京都府では全域で緊急事態措置が講じられているものの、依然新型コロナウイルス感染症の新規感染者が高止まりしています。皆様もくれぐれもご自愛のうえお過ごしください。
さて昨年、京都府政は新型コロナ対応に明け暮れましたが、行政を監査する議会人として一番気になったことは、職員は一生懸命職務に取り組んでいるものの、対応は上手くいかないことも多いということです。
それにはいくつか理由があると思います。
まずは事態や現場の把握・分析・対処が科学的でないこと。行政データの活用がうまくできない、してきていない、それはデジタル化の遅れも影響していると思います。
経済対策で言えば、緊急的な支援金や補助金等の対応策が事業規模等に応じていない。理由は、それだと時間がかかる、一律だと給付が早く緊急対応になるとのことです。
しかし、一律だから給付が早かった訳ではありません。支援金・補助金等の事務を民間に委託しましたが、課題も多く、府職員も先の見えない中で、苦労を重ねています。
次に、三位一体改革以降に急激に窮屈になった財政運営の中で、地方公共団体は、投資的経費を減らし、
それはデジタル化や業務改善の遅れにもつながり、人的な余裕も失い、チャレンジ精神をも損ねてしまったのではないか。
担当部・課ごとに、来年度に向けて既存事業のマイナーチェンジはできても、大きく構えて大胆にチャレンジする姿勢が弱かったのではないか。
それが、新たな状況への対応力を弱めているのではないかと感じます。
最後に、京都府議会の停滞が行政の緊張感を奪ったのではないか。蜷川府政の反動で昭和中期にできた「共産党」vs「非共産党」の慣例が、その役割を終えてもなお生き続けて、議会の批判力を失わせています。時代に応じた議会と行政の関係を構築する責任を痛烈に感じ、自戒しています。
それでも日本は、欧米諸国に比べれば感染者や死者が少なく、被害が一定程度に食い止められてはおります。まさに医療関係従事者の努力、そして国民一人一人の心がけの賜物です。そして、我々の先人が築き上げた生活文化や食文化をはじめとした遺徳でもあります。
そう考えた時に、私たちもコロナ禍をきっかけに、次の世代に何を残せるか?自問自答の日々です。
これからも精進を重ねて、少しでも京都府の発展のために努力します。皆様には、引き続きご指導とご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
二之湯真士

自民党京都府連 青年局主催の青年セミナー

2020.11.29 Sunday|活動報告

#自民党京都府連 青年局主催の青年セミナーは、今年はオンライン中心に開催。#Gcomホールディングス の小出篤先生から #EBPM に基づく自治体経営・政策立案について。最大の #ビッグデータ とも言うべき庁内情報を分析できれば政策の羅針盤になる。限られた人、金、時間の中でEBPM推進は必須だ。


京都府議会 総務警察委員会の調査

2020.11.26 Thursday|活動報告

#京都府議会 総務警察委員会の調査は #和束町 へ。林業の作業道が #MTB のコースに。 #ワールドマスターズ 開催やアウトドアブームをうまく捉えて自走し雇用も生み出せるか⁉︎

 


京都ヒューマンフェスタ2020

2020.11.21 Saturday|活動報告

京都ヒューマンフェスタ2020はこのように感染対策を万全にして実施されています。


京都府議会 文化・芸術の調査

2020.11.14 Saturday|活動報告

#京都府議会 文化・芸術の調査
#TheatreE9Kyoto
#文化庁地域文化創生本部
#京都府立文化博物館

自民党青年局近畿ブロック会議

2020.11.13 Friday|活動報告

自民党青年局近畿ブロック会議。牧島かれん新局長のもとでの初開催は、web会議方式にて。リモートになれて良し悪しが分かる。これも今後に繋がる。


東京での調査報告ver.2

2020.10.20 Tuesday|活動報告

先日の東京での調査報告ver.2
リーマンショック同様に、経済の回復が遅れれば事後的な潜在GDPの低下を招く事態が予想される。特に京都は影響の大きな中小零細企業や飲食・宿泊部門が多いので府市によるきめ細かな対策が引き続き求められるし、提言していきたい。

 

京都府とコカコーラの連携協定

2020.09.04 Friday|活動報告

#コカコーラ の京都限定ボトル3つ入り化粧箱で
#もう一つの京都(海、森、お茶、竹)をPRし、
その売上金の一部を広域観光振興目的で寄付する!
コカコーラさんからご相談頂いた案件が
私の提案も含めて良い形でまとまって良かった!

自民党議員団で調査へ

2020.09.03 Thursday|活動報告

自民党議員団で調査へ
#COVID19 対応は経営上赤字となる困難がある
だが現在の生活様式なら通常診療と両立できそう
さらには #コロナ禍 はあるべき地域医療実現を加速させる契機だと、前向きなお話も頂き頼もしかった

自民党京都府連青年局の青年政治大学校

2020.08.30 Sunday|活動報告

8月29日、自民党京都府連青年局の青年政治大学校。
講師の元大阪市議の柳本顕先生から「大阪都構想から今後の府市協調を考える」示唆に富む話を頂く。
いまの「都構想」案は変質し、一言で言えば「大阪市分割」で、行政コスト増とサービス減が懸念される。