父親になる準備パート3

2008.12.10 Wednesday|過去のブログしんじ

本日12月9日、安産祈願のために妻と一緒に「わら天神」にお参りしまた。

今日は授乳祈祷の日(妊娠9ヶ月目の月の9日にお参りする九ヶ月九日詣りとのこと)ということで、妊婦さんらたくさんの参拝客がおられましたが、さすがに夫連れは私が確認した限り私以外に二人しかいませんでした。現在はそれほどサラリーマン社会になっており、働く男性が時間の融通がつけ難い世の中なのだと再認識しましたが、であれば、一昔前とは子育て環境も随分と異なるのだと推察できます。

神様にお参りし、母乳が良く出るようにと祈祷済みの甘酒の素を頂きました。今晩早速、夫婦二人で頂きました。私は、よくお乳が出るようになったら困るのですが(笑)、いや、逆に凄い話題になるかも!

冗談はさておき、こうして、日々私は父親になる準備をしています。女性は、妊娠してから日に日にお腹が膨らんだり自らの身体が変化していく、そして劇的な出産を経験することで、またホルモン分泌などの面でも、母親になることは体感できるものでしょう。その一つの例ですが、最近私の妻のお腹は赤ちゃんの元気な胎動で激しく波打っています。それに対して、男性は、自ら体感できる変化は何もありません。よっぽど意識して、「彼氏」→「夫」→「父」の階段を上るように努めないといけないなと考えています。

いずれにせよ、新しい命を授かり、それが母体で成長しこの世に生まれ出ずることは、本当に神秘的だと思います。出産時も、赤ちゃんは誰に教わるともなく、母親の体から回転しながらこの世に姿を現すのです!そんなことを思いながら、意味と意思をもってこの世に生まれ出ずる新たな命を、どう世話していこうかと思案する日々が始まっています。


代表質問をして、・・・

2008.12.08 Monday|過去のブログしんじ

予告しておりましたとおり、5日(金)の本会議で会派を代表して質問に立ちました。とはいえ、会派で了承を得はしましたが、自分が練り上げた質問です。これが、議員の皆さんや理事者のみならず、議会傍聴者やTVの向こうの府民の皆様に訴えるのだと思うと、緊張もひとしおでした。

しかし、議会人は府民の声をもっともよく代弁しているという信念と自信が無ければ務まらないとの原点に返ったところ、自然と緊張もほぐれ、堂々と演壇に立つことができたと思います。内容の詳細については、後日京都府のHPにアップされる録画動画に譲りますが、概要を述べれば次の通りです。

まず、「今こそ、伝統が未来を拓く!」という私の信念を述べた後、日頃より歴史に培われた京都ならではの「環境と文化」における知恵で「未来の扉を開きたい」と述べておられる知事に、難しい社会状況の中での府政運営の価値基準はどういったところにあるのかを問いました。それに続き、「良き伝統」「すばらしい文化」を参考にして、「支えあう地域づくり」をどう進めるのか、「伝統産業の活性化と新産業の育成」をどう図るかなどについて質問しました。

質問の最中にも、事務所に「今大変良いことを言っている」との激励の電話を頂いたそうですし、その後もFAXなどで激励も頂きました。後日お会いした方々にも、「堂々としていた」とか「真士ワールドが感じられよかった」などの感想を頂きました。もちろん、肯定的な意見ばかりではないでしょうが、質問の後にそういう評価をいただけると、大変励みになります。

今後も、府民の皆さんに「なるほど、そうか」とか、「よく言ってくれた」といったお言葉をいただける、真に府民の代弁者となれるよう頑張りたいと、想いを強くしています。今後とも、ご指導ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。


12月5日の本会議で代表質問します!

2008.12.03 Wednesday|過去のブログしんじ

1日から府議会の12月定例会が始まりましたが、5日の本会議で自民党議員団を代表して、質問する機会を頂きました。

本会議での質問は、会派を代表する代表質問と議員個人の裁量でできる一般質問の二つがあり、前者は教育委員会・警察本部の所管事項以外は、全て知事が答弁しますし、TV(KBS京都)で生中継されます。

私の質問は、
  1.知事の府政運営の機軸について
  2.地域力の再生について
  3.府市協調について
  4.文化力を活かした産業育成について
  5.京都府の戦略的な体制整備と財政状況について
  6.身体障害者に対する駐車禁止除外指定車標章の交付について
などの予定となっております。

詳しい様子は、TV中継を是非ごらんください。(12月5日、13:00~、KBS京都)
また、インターネットでのライブ中継もありますし、数日後からは京都府のHPでも録画がご覧になれます。