『政治を語る』関西広域連合について

2008.11.30 Sunday|過去のブログしんじ

京都府議会では、議会活動を広く府民に知っていただくために、7つの常任委員会がそれぞれ年に1回、TV番組として放映されています(KBS京都)。その時は、委員(府議会議員)が理事者(府庁職員)に質問するという通常の委員会の形式とは異なり、委員同士の議論となります。

去る27日、私が所属している総務常任委員会の収録がありました。テーマは、「関西広域連合」についてです。

現在、明治時代以来の中央集権的な官僚機構が制度疲労に陥り、また東京一極集中を引き起こしているとして、多極分散型の国土の形成が喫緊の課題とされています。そのための手段である「道州制」の議論が、国でにわかに盛んになってきていますが、地方としては、市町村合併の反省から上からの押し付けの「道州制」(地方分権)ではなく、地方が主体的に提案する地方分権が必要だとの認識が広がっています。

その中で、関西では、国からの権限委譲をも要求できる「関西広域連合」を設立しようという議論が、都道府県・政令市・経済団体が構成している「関西広域機構」で行われています。例えば「防災・観光・医療」などの広域的な行政課題に対応するためにそれを設立して、実績を重ねることで国からの権限委譲も進めようという試みです。平成21年度のできるだけ早い段階で設立をとの取り決めがなされました。もちろん、そのためには、それぞれが議会で承認を得る必要がありますが。

私は、東京一極集中の是正には大いに賛成ではありますが、関西広域連合の拙速な設立には慎重な姿勢を発言をしました。そもそも、関西広域機構に参加する団体の間でも広域連合の設立のための想いが異なります。そのまま出発すれば、途中で身動きが取れなくなる懸念があります。しかも現在早期に取り組むべきとされる広域的な課題は、一部事務組合などの組織で事足りるのです。

さらに、特に大事だと思うことは、関西広域連合が将来の道州制を踏まえたものであるならば、それは将来の我々の故郷を創る第一歩になるわけで、そうであれば、「関西とはどういうもので、今後故郷をどう築いていこうか」というアイデンティティに関わる議論をしっかりとなさねばならないと考えますが、そうした議論は一切なされている形跡がありません。それでは、全く不十分といわざるを得ません。

今後の我々の故郷の形を作っていく議論だからこそ、拙速を避けじっくり煮詰めていく必要があると思います。

放映は明日12月1日(月)の9:30~10:30
2週間ほど後からは、京都府のHPでも見られる予定です。皆さん、是非ご覧ください。


秋、観光シーズンの京都に想う

2008.11.25 Tuesday|過去のブログしんじ

22日(土)、23日(日)、24日(祝月)は、3連休の人も多かったようで、天気の良かった23日は特に、京都市内は観光客でごった返していました。有名な観光地以外でも、交通の混雑がとてもひどかったようです。

その23日、私と妻は、妻の友達が横浜から嵯峨嵐山に観光に来るということでお供をしましたが、毎年の事ながら、車の渋滞に加えて嵐電・JRの込み具合は尋常ではなく、渡月橋から天龍寺にかけては、まるで渋谷や新宿かというくらいに、歩くのも不自由なほどの人だかりでした。昼食をとる店を探すのも大変でしたが、「美空ひばり記念館」内のレストランに辛うじて並んで席を確保しました。

それにしても、「京都」というのは、本当に超高級ブランドだと痛感しました。渡月橋付近の紅葉が見ごろということでもなかったですし、日本全国を探せば今見頃になっているところはたくさんあるはずなのに、「秋はやっぱり京都へ」という想いがあるんでしょう。

日本の伝統・文化の集積地、京都。時計の針が戻らない以上、日本で一番歴史・文化の重みを持つのは紛れも無く京都だと、日本人の大半がそう思っています。そして、そうした「実績」のうえに、民間事業者が京都のPRは勝手にどんどんやってくれるので、「京都ブランド」は今後も人々の憧れであり続けることは間違いないように思います。

であるならば、京都に来て頂く人々に、もっともっと京都の本当の「光」を「観」せる努力をなすべきだと考えます。

一つは、景観の問題です。京都へ来た外国人の中には、景観にがっかりする人も少なくないようです。確かに、欧州の歴史都市に比べれば、守られるべき景観遺産が守られていないという感じを私も抱きます。木の文化と石の文化という違いもあるでしょうが、意識の違いも大変多いと感じます。遅きに失した感は否めませんが、昨年京都市は、建物の高さのみならずデザインに踏み込んで景観の保全と創造を企図した「景観条例」を制定しました。古いものを守るのみならず、新しく京都ならでは町並みを50年、100年先を見こして形成していくとの前市長の意気込みは評価できるものだと思います。今後も、関係する各業界・団体と絶えず意見交換を続けることのみならず、一般市民の間に景観形成についての意識をしっかりと醸成していく必要があると思います。

二つ目は、交通の問題です。観光地の交通、特に自動車の渋滞は、住民・観光客にとって大変気分の悪いものです。歩く街中観光を進める京都市は、早急にパークアンドライドを含めて、観光シーズンの交通対策にしっかりと努めて欲しいものです。

最後に、府議会議員としての立場から、京都市内を訪れる方々に京都市以外の地域へも一足伸ばして頂きたい、その仕組みづくりをできるだけ早く確立したいと考えています。昨今、好みの多様化の中で、観光においても、どんな旅案内本にも載っている「誰もが知っているもの」より「誰も知らないローカルでマニアックなもの(歴史・文化・名産)」に対する需要が、少しずつ出てきているように思います。地域の方々にとっても、そうした情報を提供するために自分たちの地域の歴史・文化を今一度掘り起こしてみることは、その地域の誇りと自信の回復にも繋がると思います。観光客にも地域住民にも利益をもたらす、新たなローカルな観光の仕組みづくりに、しっかりと取り組んでまいりたいと考えています。


ユビキタスガイド実証実験 in 宇治

2008.11.16 Sunday|過去のブログしんじ

11月14日、音声や動画で観光案内してくれる情報端末を使って、源氏物語千年紀で盛り上がりを見せる宇治市の観光スポットを歩いて回る実証実験に参加しました。京都府が進めている事業です。

情報端末は、「健常者」「車イス」「聴覚障害者」の別によって、歩く道を変えたり(段差のあるなし、など)、経路のポイントを知らせるためのバイブレーションを加えたりすることができるという点で、「いつでも、どこでも、誰でも」の「ユビキタス」観光ガイドと称されています。私は、健常者用と聴覚障害者用の二つを試してみました。

率直に「ユビキタス」と言うにはもう少し改良の余地があると思いました。「バイブは少し弱く気づかないこともある」とか、「明るい屋外では画像が見えにくいし、そもそも歩いている時は周囲の景色を見ている。画像を見ていて歩くのは危ない」などなど。そもそも「知人・友人との旅先で、それぞれが端末の音声に耳を傾けることがあり得るのか?」とも思ってしまいましたが、・・・、でも、個人の深く学びながらの旅などにはいいかもしれません。

こうしたローカルな観光振興策で思うことは、やはり地域住民が地域の文化・歴史を学びなおしたり掘り起こしたりすることで、地域への理解や愛着を強くする、そしていわゆる「地域力」を高める、そういうことが大事ではないかなということです。

ともあれ、当日はまだまだ色づいていない木々もありましたが、紅葉も綺麗になってきており、天気も良く爽快でした。紅葉の見ごろは1週間後くらいからでしょうか、その頃にでも宇治川の流れを眺めて平安の昔に想いを馳せてみるのはいかがですか?