21年度予算とその報道の『東京一極集中』

2008.12.25 Thursday|過去のブログしんじ

平成21年度の政府予算案が閣議で決定されました。世界的な金融危機・景気の急激な悪化を受けて、景気・雇用対策や社会保障費の増加で、一般会計総額は過去最大の88兆円となりました。財政再建路線を一時棚上げにして、歳出の増加を図ったのは、緊急避難的な手段としては正しいと思います。

さて、この予算では小泉内閣以来削減されてきた地方交付税は増えましたが、地方にとってどう見るべきなのでしょうか?

地方の予算は、国から与えられる地方交付税と補助金、地方税、そしてそれぞれの自治体が発行する債券が主な収入となります。そして、主要な財源である地方交付税は、国が毎年定める地方財政計画によって算定されます。つまり、国が地方自治体全体の予算の骨格を決めるわけです。全体として、地方の人件費はいくら、社会保障費はいくら、投資的経費(公共事業費)はいくら、一般経費はいくら、という具合に、自由に使えるのが建前の交付税ですが、算定の段階で内容にまで踏み込んでいるのです。

今年の地方財政計画はと言うと、交付税総額は増えたものの、その内訳は、自然に増加する社会保障費が増えた一方で、人件費と投資的経費はマイナスというものです。これは、地方の規模を縮小しようとする小泉内閣以来の基本方針のままです。地方の人員は、今年が3万人、来年は2万5千人の削減となり、この2年間で18人に1人(5.5%)減らす計算です。一方、国の公務員は、同時期に1%も減りません。こうした事実、つまり「地方では血の滲むような行財政改革をし、国では殆ど進んでいないということ」は、新聞やテレビではあまり報道されず、一般にも知られていません。今回の予算案の報道でも然りです。

私は、去る12月定例会の代表質問で、「次の京都府総合計画で、活力と夢と希望ある京都の姿を描くはずだが、それを実行しうる人的・財政的な整備はきっちりとできているのか?これまで通り、人と予算を削り続けるだけでいいのか?」と問いただしました。知事からは明確な答弁はありませんでしたが、それは上記のような理由から、国が地方を縮小しようという方向で動く限りそれは難しいというサインなのだということです。

この度の地方財政計画やマスコミの報道で、地方分権の必要性が声高に叫ばれながら、政治も行政もマスコミも依然として東京からしか物を見ていないのが現状なのだと再認識しました。


地方議員の日曜日

2008.12.16 Tuesday|過去のブログしんじ

「議員は議会の無い時何をしてるのか?」そうお思いの方も多いと思います。

地方議会は、大統領的な知事を筆頭とする行政の仕事をチェックするのが役割です。具体的には、お金の配分とその適切な使用(予算・決算)を審査し、そのお金を使う事業などが適切になされているか日々確認するのです。その中で、不備を指摘したり、行政への新たな需要を伝えたりします。そのために、日頃から色々な場に出向き多くの方とお話をし、住民から見える行政の姿を確認しています。

さて、昨日も色々なところへ伺いました。

まず「お茶会」です。一般的な茶の湯ではなく、貴族の文化を研究する「有職研究会」主催のお茶会でした。さすがに源氏物語千年紀の今年に数多くの催しが行われる京都だなと、抱え持つ文化の多様さと奥深さに驚くばかりです。そうした「ほんまもん」の文化によって、生活に潤いがもたらされ、多くの観光客を招き、さらには新産業を創出すること、私が取り組んでいきたい課題です。

次に、私の出身校である西院中学校で行われた餅つきです。地域の各種団体の方々や学校の先生などが世話をして、子供連れの多くの方がつきたての餅を堪能していました。地域の絆を再び強めること、これも私の取り組みたい課題です。

それから、伏見のパルスプラザで行われた「環境フェスティバル」に行きました。屋外にはエコカー、ペレットストーブなどが展示され、屋内には水・山・海・空気・動植物に関わる数多くのブースがあり賑わっていました。土・日の二日間で、2万5千人が訪れたそうで、環境保全への意識の高まりが伺えます。

その後、西京極球場で行われた右京区の少年野球大会の閉会式に参加しました。優勝チームの選手たちにメダルをかけていると、私の少年時代を思い出しました。残念ながら今回は、私の出身チームは優勝できませんでしたが、先輩として次回は頑張ってほしいと思います。

最後に、ハイアットリージェンシー京都で行われていた尾上瑞宝さんの「一閑張」の個展に参りました。尾上さんは、私が東京で父の秘書をしていた時に親しくしていた先輩のお母さんです。古びて味わいを深めた長持やせいろなどの木製の生活用具に和紙や柿渋で新しい命を吹き込まれた温かみのある作品がたくさんありました。江戸時代から続く洗練されたその手仕事は、現代の生活にも新鮮な彩り与えうるし、日本の伝統工芸品の多くは、「和」が世界で注目されている昨今世界に向けてもしっかりとPRすべきと改めて思いました。


鳴滝了徳寺の大根焚き

2008.12.14 Sunday|過去のブログしんじ

12月10日、本会議前の午前中、鳴滝の了徳寺の風物詩「大根焚き」に出かけました。本当に多くの方で賑わっていましたが、ざっと3000本の大根を5000人に振舞われるとのことです。

大根焚きは昔、この地に立ち寄った浄土真宗の開祖親鸞に村人が大根を塩で炊いてもてなしたのが始まりと言われているので、750年の歴史になります。その間に、すっかり地域に根付き、無くてはならないものになっているのでしょう、地域の方が大勢、受付や調理や周辺の交通整理に至るまで忙しく働いておられ、寄せていただくたびに感心します。

さて、お堂では報恩講ということで、4、5人のお坊さんがお勤めされており、数珠を手に熱心に読経する方々の姿も見られました。私も日頃よりの感謝と今回も寄せて頂けたご縁を有難く思い、仏様に手を合わせました。了徳寺さんは、初めての選挙で演説会でお世話になった思い出の場所でもあります。

諸病を封じてくれるという熱々の大根とおあげを頂いて体も温まりましたが、お堂で賑わいと活気に触れこの地域の温かさをしみじみと感じました。いつまでも続いて欲しいと思います。