自民党京都府連主催の時局講演会が開催されました

2010.02.06 Saturday|過去のブログしんじ

早速、本年もブログの更新がずいぶんと止まってしまいました、反省・・・。

さて、本日2月6日、自民党京都府連の政治資金パーティーが開催されましたが、下野したのを機にそのあり方を見直すこととなり、会費1万円で食事なしの講演会形式となりました。講師は、政治評論家の森田実先生、元総務大臣の増田寛也先生でした。

森田先生の話で印象的だったのは「IMFが今年の世界の懸念事項の第5位に鳩山政権の運営を挙げている。官僚や産業界の力をそぐ政権運営は、経済力をはじめとする日本の国力の衰退を招き、それが世界に及ぼす影響は大きい。」というものでした。「第5位というのは、地球温暖化問題やインド・パキスタン紛争よりも順位が高い」ということを聞かされ、愕然としました。政治主導の名のもとに、各政策分野のプロである官僚の力を発揮させず、さらに技術革新・開発や新産業創生の戦略よりも「こども手当」や「農家の個別所得保障」などの直接給付型の施策を優先させる手法は、高度成長期でさえ内需喚起もままならず、経済の停滞を招くとのことでした。

続く増田先生は、小沢一郎氏の地元・岩手県の知事であったため、その手のうちを知り尽くした語りでした。「民主党政権となってからの地方自治法を変更する議論の内容は、地方の副知事・市長や部長クラスに議員を配属することができる議員内閣制のようなことを可能とすることである。そのようになれば、地方の陳情を民主党県連⇒党本部幹事長室というふうに一本化して地方組織を強化し、選挙での相乗り禁止方針で民主党系の首長を誕生させることとあいまって、時の国政与党の力が地方にも絶大な影響を及ぼす。」ということでした。自由な議論を経て合意形成を目指す民主主義から、国政の強大な権力によって地方を屈服させる独裁的な社会へ変化していくことを想像すると、ぞっとします。そうした社会主義的な国は、世界では決して成功していないはずです。そうなることを阻止する自民党の使命は限りなく大きいと痛感しました。

講演会終了後は、四条河原町交差点で谷垣総裁が街頭演説をしましたが、桜ではない一般通行人の観衆で歩道はごった返し、おのおのが携帯電話で写真をとっていましたし、手渡すビラは八割がたの人が受け取ってくれました。総裁の話に聞き入る人もたくさんおり、日々のメディア報道の影響力の大きさを、改めて実感しました。それにしても、雪の舞い振る中、本当に寒かった!


我が子に気づかされること

2010.01.09 Saturday|過去のブログしんじ

「息子さん、可愛いねぇ。楽しみやねぇ」。先日も幼稚園関係者との会合で、「しんじ通信」に載せた息子の写真について、嬉しいコメントを頂きました。「親ばかなんです(笑)」と照れて返すと、「それで本当の親になっていかはるんやわ」と、さすが幼稚園の先生らしいお言葉。

頭が大きい3頭身半くらいの息子も、10ヶ月を過ぎた昨年12月5日に、ようやく自ら寝返りをし、今ではハイハイをし、つかまり立ちをし、さらには伝え歩きと、すさまじい進歩を遂げています。子どもの成長力に感心するとともに、人間の成長は、直線の坂ではなく、階段のようだと改めて思います。

ハイハイをするわが子は、私があける扉の方向へ一目散に向かってきます。その向こうに行く前に私が扉を閉めると、残念がったように泣きます。また、つかまり立ちをして、イスやテーブルの上の未知なるものを発見すると、何とか掴もうと手を伸ばします。それが、また伝え歩きなどの行動に繋がっていくのですね。

「ああ、人間の成長は好奇心が支えているんや。何でも慣れっこになるのは良くない。何とも無いと思えることにも、驚きや感動を持って接することができるようでい続けたいなぁ」と痛感しています。それと、素直であることの重要性。歳を重ねることで計算して動きがちなのが人間の性ですが、気をつけなければと思います。赤ちゃん・子どもが何故これほどまでに大人を惹きつけるかと言えば、恐らく「素直である、純真無垢である」ことが大きいと思うのです。

「好奇心」と「素直さ」。この2つを常に心がけることが、心の「アンチエイジング」だなと思う、今日この頃であります。親バカでした(笑)


新年あけましておめでとうございます

2010.01.04 Monday|過去のブログしんじ

新年明けましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になり有難うございました。本年も宜しくお願い申し上げます。

旧年中にはラヂオを始めたものの、ブログの更新が滞りご迷惑をおかけしました。また、携帯メールへの配信システムも、予告なく中止させて頂きました。ここに重ねてお詫び申し上げます。

さて、ということで本年はブログをまめに更新しますが、その第一弾として本年の抱負を述べてみたいと思います。

平成22年は、政治・経済をはじめあらゆる分野での激動が続く年だと思います。その中で、次代のモデルをしっかりと考え、虎のように暴れるが如く行動していきたいと考えます。

政治では、自民党の体たらくで成立した民主党政権というネガティブな選択から、今後50年・100年の国家目標を示しうる新たな政治集団・政治家の出現が待たれています。内外情勢をしっかりと研究し、私自身、日本の将来像を提示できるように努力します。

また、経済では、環境の世紀に「大量生産大量消費」型から「持続可能な自然との調和」型へと、文明を転換することが最大の課題だと考えます。その中で、多くの人が「幸せ」を実感できる経済体制、それを支える産業構造のあり方を問い続けていきたいと考えます。

いずれも短期的に答えの出る課題ではありませんが、一般人の生活においてもそうしたことを求めざるを得ないような混乱が世の中を襲う、そうした激動の時代に入ってきていると考えるのは私だけではないと思います。ですから、そうしたことの答えを見出すのが、現在の政治家の仕事だと考えます。

微力ではありますが、それらのことに答えを出せるように精一杯努めることをお誓いして、私の本年の抱負と致します。