ラヂオしんじ#18前編

2011.03.02 Wednesday|過去のブログしんじ

ラヂオしんじも18歳、年頃です。
思春期は迷いも多いですが、ラヂオしんじも今後のあり方を模索しながら成長したいと考えています。

<最近のしんじ>
・事務所が少しリニューアルしたこと
・2月25日の活動報告会

<しんじの見た京都>
・京都について殆ど知らないことを痛感する今日この頃。
しんじならではの「京都」をお伝えするための方策を考えました!

<これは言っとかな>
戦後の「個人主義」の教育の弊害を痛感しています。
我が事務所のインターン生にその逆の指導をするためにも、我が身も厳しく律していかねばと話しています。

radio_start


活動報告会ご参加への御礼

2011.02.26 Saturday|過去のブログしんじ

昨日25日19:30~、右京ふれあい文化会館(太秦安井)において、「二ノ湯しんじ活動報告会」を開催しました。総勢約420名ほどの方々にご参集頂き盛会のうちに終えることができました。ご参加頂きました方々に、心より御礼を申し上げます。

大きなホールを使用しての報告会でしたし、一般の方々になじみの薄い行政の話なので、少しでも理解して頂けるようにパワーポイント資料をプロジェクターでスクリーンに投影するという初めての試みでしたが、予想外の好評でしたのでホッとしています。

議題は、府県と政令指定都市の「二重行政」の問題に絞り、その問題点(公務員の二重配置による税金のロス)と改善策(府市双方の商工部門の組織の一本化や類似施設の統合など)をお話しました。特に、地元の市会議員さんらを前にしての話でしたので、このことをご理解頂いたなら、是非とも近いうちに府市会議員合同の勉強会を発足させ、改善を実現したいと思っています。そのことも皆さんにお誓いしました。

先日も書きましたが、今は次代の産みの苦しみの時期だと思います。これからも、「今こそ、伝統が未来を拓く!」の精神で、大切なものを見極め守りながら手段としての行政を変えていく勇気を持って活動を続けたいと思います。


二ノ湯しんじと語る会

2011.02.22 Tuesday|過去のブログしんじ

すっかりご無沙汰をしてしまいましたが、皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。

中東・北アフリカなどで政情が極めて不安定化してきました。地球規模での異常気象や日本で頻発する地震、そして国政の混乱、地域政党の樹立などを考えると、世界全体が新たな秩序を求めて大変革を遂げようとしているとすら感じます。世界を統治する価値が転換しているのでしょう。まさに、次代に備えた産みの苦しみだと思います。

さて、私も4月の決戦を控え、多くの方々との懇談会を開催させて頂いております。ここ半年で府政の最重要課題であると認識した「府市の二重行政・連携の悪さ」の具体的な問題点をできるだけ平易に明確に訴えて、「大阪都構想」や「中京都構想」に加えて「新潟州構想」など、地方の変革の動きは決して対岸の火事ではない、ということをお伝えしております。

特に厳しい経済情勢において増税が議論されている中で、「二重行政の解消に本腰を入れない」=「効率的な税金の使い方に消極的」な行政に対する住民の方々の反応は、こちらがびっくりするくらいに鋭いものがあります。私の問題意識は正当なものであるとの自信を深めています。

今後も、私が感じている正義を信じて訴えを続けていきたいと思う今日この頃であります。