徐松波画伯の個展

2018.11.28 Wednesday|

先日、嵯峨は祇王寺で開催されました世界的にご活躍の徐松波画伯の個展に招かれお伺いしました。三蔵法師の求道の作品群と唐時代の作品群が特徴ですが、日本特に京都には、中国では失われてしまった唐時代の文化があることに感動されと同時に、三蔵法師と空海がシンクロされ、空海をテーマにした作品も今後描かれるようです。有意義な日中文化交流となるよう私も出来る限りの支援を約束致しました。