京都府議会イギリス調査②

2017.09.06 Wednesday|活動報告

ロンドン五輪に向けてスポーツ無関心層や若者を巻き込む目的だった文化プログラムの中で、障害者のアスリートとアーティストがコラボレーションが注目され社会での地位向上に寄与したそうです。バラリンピックのメイン会場で聖火リレーの出発地となったナショナルトレーニングセンターを訪れて、障害の有無に関わらず共生している様子が垣間見ました。


京都府議会イギリス調査①

2017.09.05 Tuesday|活動報告

ロンドンオリンピックを機に再開発され、その後もスポーツ施設や選手村等が上手に活用され、地域の価値が格段に向上した事例を調査しました。


京都府議会フィンランド調査③

2017.09.04 Monday|活動報告

ネウボラという妊娠から子育て(6歳)までを通じて保健師が女性およびその家族に寄り添う仕組みを調査しました。医療等の提供自体は日本の方が充実していそうです。そんなフィンランドは今年独立して100年を迎えます。