父親になる準備パート2

2008.11.06 Thursday|過去のブログしんじ

11月3日(祝)、議員として3つの行催事に参加した後、妻と一緒に大阪府枚方市の赤ちゃん用品の大型店に行ってきました。

妻は自分のお腹に赤ちゃんがいるので、先手先手で色々な方面で母親になる準備をしていますが、私は子宝を授かって有難く思ってはいるものの、自分の体が変わるなどの直接的な実感がないので、のんびりとしたものです。ということで、赤ちゃん用品を研究して、少し勉強しようと思いました。一般的にこんなもんなんだろうと思いますが、他の人はどうなんでしょうか?

赤ちゃんが生まれてまず着る肌着には、短肌着と長肌着・コンビ肌着などがあるんですね。それと全身をすっぽり包むカバーオ-ルなるもの。サイズは、出産直後が50cmで、三ヶ月で60cm、半年で70cmにもなる、凄い成長力です。もちろんオムツもそうですが、ミトン・スタイ(よだれかけ)なども必需品のようでした。退院して自家用車で帰宅するなら、チャイルドシードが必要です。1ヶ月もしたらベビーカーにも乗れるし、哺乳瓶、ベッドや布団等もすぐ必要。細かく見れば、もっともっと多くのものを揃えなければならないみたいでした。

確かに、現代は子育てをするのに大変だなぁと思いました。上記のようなものを揃えるのに加えて、妊娠から出産に至るまでに、検診・入院などで多額のお金が必要です。さらに、核家族や地域社会の希薄化で自らの番が来るまで妊娠・出産の経験に触れることも少なく、物も知識・知恵も譲り受けることが少ない。妻も妊娠8ヶ月を迎え、そうしたことを身をもって感じ始めています。

確かに、出産や育児への手当てや子供の医療費の無料化など、地域差はありますが様々な経済的な施策が実施されていますし、子育て支援の官・民それぞれの活動があります。また、そうした心理的・経済的な困難を吹き飛ばす幸せが、出産・育児の中ではたくさんあるのでしょう。しかし、出産を躊躇させるような現実があることも確かだなぁと思います。

少子化の原因は、こうしたことだけでなく、親の側、特に女性の意識変化も大きいと思います。複合的に考えないといけない問題で、父親になるにあたり自らの重要課題としたいと思います。その時は、「少子化は本当に問題か」という根本的なところから考えたいと思います。現在のような資本主義経済の中で経済成長が不可欠ということがいつまで続くか分からないし、また世界的な食糧難が懸念される中で我が国の食料自給を考えた時、人口の適正規模が重要になると思うからです。


源氏物語千年紀記念式典

2008.11.03 Monday|過去のブログしんじ

11月1日、国立京都国際会館で、源氏物語千年紀記念式典が開催され、私も出席しました。

千年紀実行委員会は、会長前商工会議所会頭(発足当時の会頭)の村田純一氏、京都府の山田知事と京都市の門川市長らを副会長にというふうに、いわゆるオール京都体制となっています。昨年から千年紀事業を盛り上げてきて、今年に入ってからはあちこちで関連イベントを開催してきました。私も色々な催しに参加し、『源氏物語』の魅力や日本文化に与えた影響の大きさを少しは学ぶことができました。

当日の式典は、まず瀬戸内寂聴さんとドナルド・キーンさんの講演から始まりました。ドナルド・キーンさんが「1940年、18歳の時、第二次世界大戦で世界の先行きに暗さを感じ悲観的になっていた時に、ニューヨークの古本屋で見つけた『源氏物語』を読み、世界はこんなに明るいんだと希望を持てた」旨のことをおっしゃったことに強い感銘を受け、日本人として大変誇りに思いました。

その後、平安雅楽会による演奏を聴きましたが、昨日の記念コンサートで千住明氏作曲の源氏物語の交響曲を聞いたのに比べて、やはり源氏の世界観は雅楽の方が合うなぁ、「もののあはれ」などは五線譜には収まらないのかなぁと感じました。もちろん、交響曲はそれはそれで素晴らしいのですが。

式典は、天皇皇后両陛下にもご臨席を賜り、文部科学大臣にも祝辞を頂き、格調高く行われましたが、府儀会議員・市会議員の参加は少なく、全体的にも空席が目立ったのは残念でした。当日は新聞でも大きく報道されたように、『激動の時代に我々の拠り所として古典を見直すべく11月1日を「古典の日」としよう』という「古典の日」宣言がなされましたが、草の根レベルからもっと大きく力強い運動にしないと、「仏作って魂入れず」になりかねないと感じました。

「今こそ、伝統が未来を拓く!」をスローガンにする私も、今年を契機に古典をしっかり学び、その良さを伝えられるくらいになりたいと思います。


「日本の伝統」にどっぷりと浸った1日

2008.11.01 Saturday|過去のブログしんじ

今日は、昨日まで連日開かれていた決算特別委員会がありませんでした。天皇皇后両陛下が京都府の公館においでになられるのを府議会議員有志がお出迎えすることになっていたからです。

大勢の警官が警備にあたる中、両陛下が到着されました。とても優雅で高貴で落ち着かれたお姿からは、日々国民の安寧をお祈りされておられる御心が感じられ、大変な感動を覚えました。わずかな時間でしたが(20秒ほど)、すぐお近くで拝見でき、有難い事でした。

その後は、府庁旧本館で開催中の「公館にいける」という、若手華道家有志と京都府が主催の生け花展に足を運びました。文明開化を思わせるレトロで重厚な洋館の天井の高い部屋で、シンプルでありながら奥行きを感じさせる無駄の無い作品から生け花の既成概念におさまらない斬新な作品まで、数々の花々を鑑賞し「創造することは喜びだ」と再確認しました。政治にも構想力=創造性が求められますので、こうして折に触れ芸術に親しむよう意識しています。この生け花展の詳細は、京都府のHPの下のページから  →   http://www.pref.kyoto.jp/news/press/2008/9/1222655718980.html

夜19時からは、「源氏物語千年紀」記念式典を明日にひかえ、前夜祭として北山の京都コンサートホールでコンサートがありました。京都市交響楽団の演奏で、日本語ロックの先駆者と評価されるバンド「はっぴいえんど」のドラマーであった作詞家の松本隆氏と数々のドラマ・映画の音楽を担当されてお馴染みの千住明氏との共同作品、詩篇交響曲「源氏物語」を聞きました。物語さながら、激しい愛・嫉妬・悲しみ、夢・幻のような雰囲気などがよく伝わる、ドラマティックで聞きやすい楽曲でした。後世の芸術・文化・庶民の生活に幅広く影響を与え、日本のみならずに海外でも親しまれ続けている源氏物語が、とうとう交響曲にまでなってしまいました!

このように、今日は「日本の伝統」にどっぷりと浸れた贅沢な1日でした。感謝・感謝!!ここ半月は、決算委員会の書面審査が続き、質問作成に追われる日々でしたが、完全に心の潤いを取り戻せました。また明日から元気に頑張ります!!