良好な山は、豊かで安全な国民生活の礎である

2009.02.07 Saturday|過去のブログしんじ

去る5日、地元京北の黒田に作られた治山ダムを見に行きました。治山ダムとは、山・森林の保全を目的に作られる土砂の流れを食い止めるためのダムです。

戦後の住宅建設ラッシュで全国の山々が禿山になりましたが、そのあとに国策によって建材用のスギや檜など針葉樹ばかりが植林されました。間伐されることを前提に密集して植林された森林は、林業の長期低迷の中で放置され、細い木が密集して日が差し込まず下草も生えない薄暗い森になっっているところも少なくありません。そうした木々は根も弱く浅いので、谷筋に生えているような木は、大雨による増水で根こそぎ倒されたりします。こうしたことが続くと、木は倒され、山の保水力はますます低くなり、土砂は流出し、下流の土砂災害も深刻となります。一方で、広葉樹の生える余地もなく、木の実も下草も無い山に住めなくなった鳥獣がどんどん里に下りては田畑に餌を求めるのです。

根本的には、一度人の手が入った森林は手を入れ続けて、長い時間をかけて良好な森林に再生させる必要がありますが、当面の土砂災害を防ぐには、谷筋の土石流を食い止めて、それより下流の被害を少なくする治山ダムの建設も応急処置としては効果があります。しかし、やはり健全な森林を創るという抜本対策こそ力強く進めていくべきものです。

私は当選以来3回本会議での質問全てで、森林環境税(都道府県の半数以上で導入済み)を創設し、都市住民を含む府民の広く薄い負担によって、府などの公的機関が間伐を中心とした森林の整備を主導することが、過疎・高齢化に苦しむ中山間地域の活性化のためには必要不可欠だと訴え続けています。

水・空気という人間に不可欠な物質を育み浄化する山、多くの動植物を育む山、健全に保たれることで下流域の土砂災害や水害を食い止めている山。「良好な山は豊かで安全な国民生活の礎である」という事実すら見えにくくなる程に都市化が進んだ現代ですが、しかし環境保全に対する意識は今までになく高まっています。今こそ、京都府も森林環境税の導入、ないしはそれに見合う予算付けを行うべきです。治山ダムの視察を機に、改めてその想いをここに書き記しました。


最近の活動、日々の仕事

2009.02.02 Monday|過去のブログしんじ

早いもので今年も2月となりました。1月中は、お正月から月末の長男の誕生に至るまで、慌ただしく過ぎていきました。以前、養老猛さんのご講演の中で「振り返ると、日記をきちっと付けていたのは、暇な時期だけだ(笑)」と仰っていましたが、私のというか議員の1月は、何とも慌ただしく、先月のブログの更新はたったの3回になってしまいました。

特に、新年は各種の行事への出席が大変多いのが特徴です。数えてみますと、議員であるからご案内をいただく飲食を伴う新年の行事は、今までに25回ありました。それ以外に、家族・親戚・友人らとの新年のお祝いに加え、公務ですが飲食を伴わないもの、例えば消防の出初め式なども、何度もありました。

しかしこうした機会は、色々なお話を聞くことができ、大変有り難いものです。あとは、そこで伺った情報をどれだけうまく整理して、そしてどのように議員活動に活かしていくのか、これが課題です。色々な場面で得た情報から、自分なりにどのように仕事をつくっていくか、つまりどのように社会的な問題を切りとり、そして解決を図ろうとするのか、それが日々の仕事になります。

さて、「議会の無い時は一体何をしているのか?」とよく問われます。もちろん、議会活動の充実のために、外(現場)で内で勉強しています。議員は、日々、役所からの報告事項を確認したり、有権者からの要望を実現するために、調査し役所と話をしたりします。

また地方議員は、いわば零細企業の社長です。会社が存在すれば、その運営だけでかなりの雑用がありますが、議員も同じで、活動に不可欠な事務所を構えると相当の雑用があり、それをこなすのが意外と大変です。国会議員と違い、公設秘書もいませんので、様々な経費にも用いる政務調査費の枠内で事務所職員を雇い、協力して事務所を運営します。具体的には、私の日程の調整、各種の資料の整理、電話や来客への応対、有権者とふれあう各種行事の段取り、広報活動(の準備)など、を日々行っています。


第1子が誕生しました

2009.01.29 Thursday|過去のブログしんじ

1月28日の夕方、おかげさまで第一子の男の子を授かりました。体重3300グラム、身長50センチの健康な子です。本当に感謝に耐えません。

その日の早朝5時頃に「陣痛が始まった、病院へ行こう」と妻に起こされ、二人で病院へ行き、そのまま出産に備えて入院となりました。内診では異常が無かったのですが、その後しばらく陣痛の周期や強さと赤ちゃんの心音の確認がなされた後で、先生が「陣痛が起こると赤ちゃんの心音がゆっくりになり弱くなっているので、どうやらへその緒の巻きついていると思われます、通常の分娩はリスクが大きいので帝王切開が無難です、1時間後に手術をしましょう」と告げられました。何となく「危ない」という雰囲気が伝わってきて、夫婦2人で不安に陥りました。

ところが、手術を待っている1時間で赤ちゃんの様子が安定してきました。そこで、もう少し様子を見て分娩の方法を決めることになり、お昼過ぎには通常の分娩でも問題は無さそうだということになりました。私は、ここまで妻の様態を見守っていたので、始終妻に付き添うことにしました。おかげで、分娩室で私は本当に素晴らしい経験をすることができました。

力を振り絞り授かった命をこの世に迎えようとする母、母のお腹からこの世で生きるために出てこようとする赤ちゃん、太古の昔からこの母子の共同作業が延々と続けてこられてきたんだと思うと、その神秘に胸を打たれました。私は、いや父親は、この感動的なドラマに加わることができない、でも少しでも妻の気持ちの支えになれればと傍に居続けました。

そして、4~5時間・・・。「赤ちゃんの頭が出てきましたよ!」という助産師さんの声と同時に、私もその頭をしっかりと眼にしました。その頭をしっかりと掴み、助産師さんがぐっと力強く赤ちゃんを引っ張ると、首と片腕にへその緒を巻きつけた赤ちゃんが完全に母体を出てこの世に姿を現しました!!しばらくの沈黙、その後、全身を振り絞るような表情としぐさで「あ~」と体の奥深くから発する声で泣いた時、思わず身震いするような感動に襲われ、涙がこぼれそうになりました。「ああ、命の誕生」。おまけに、その後すぐ、おしっこを私にだけふっかけました(笑)この子、なかなかやるな。

赤ちゃんは優しく妻の胸にゆだねられました。青紫色だった赤ちゃんが、徐々に真っ赤な文字通り赤ちゃんになっていく、そして妻は「よく頑張ったね」と、いつの間にやら母の言葉と振る舞いになってやさしく赤ちゃんを抱いていました。当分の間は、母と子に父が割って入る余地はないなぁと思います。母は偉大です。

助産師さんが「子宮口がしっかり開いていた割には、赤ちゃんを強く押し出すような陣痛では無かったです。たぶん、赤ちゃんがへその緒が絡まないようなちょうど良い陣痛に調整したんでしょう」というような話をされました。まさに生命の神秘です。このことを思うたびに、今も泣いたり動いたりするわが子を見て、母の胎内での大仕事の余韻に捕らわれているのではとすら思ってしまい、心の中で「もう大丈夫だ、あとはお父さんとお母さんが守ってやるぞ」と優しく語りかけてやります。

私は父になりました。偉大なる使命を背負ってこの世に生を受けたわが子をしっかりと導いてやれる良き父になりたいと思っています。