政策を訴えて戦う!

2011.03.31 Thursday|過去のブログしんじ

京都府議会議員選挙の告示を翌日に迎えました。大方の準備を終え、後は時が経つのを待つのみです。意外と平静を保っています。

今回の選挙では、

①東日本大震災による被災地の復興支援のためにも、全国の各地方都市が今まで以上に頑張る、その余力を被災地に送るというのが筋だと思います。しかし、従来のデフレ不況に加えて震災の影響が京都経済にも広い範囲で如実に表れてきた、その影響を最小限に食い止め、京都らしい京都・魅力と活力ある京都を作る方途を具体的に提案すること。

②魅力と活力あふれる京都らしい京都を創るために、また、国も地方も財政難の中で急速に進行する高齢化や産業の空洞化に対応するために、そのための財源を捻出すると同時に、京都の力を結集する必要があります。府市の二重行政のムダや府市の不連携による弊害を具体的に指摘し、府民・市民の理解を大きく広め、改革推進のエネルギーにすること。

この二つを目標に運動を展開して参りたい、徹底的に政策を訴えて参りたいと考えています。

明日出陣式を迎える事務所に、私への寄せ書きのための大きな模造紙を用意してもらいました。大変ありがたいことです。その真中に「しんじ君、君の想いを書いてくれ!」と、筆を渡されて、思うままに綴った言葉。

「尊い使命を自覚し、滅私奉公で頑張ります」

「希望を語る政治で、皆の気持ちを一つに!」


HPを少し変えました

2011.03.31 Thursday|過去のブログしんじ

HPを少し変えました。本当に、まだ少しです・・・。

顔写真、背景のフラッシュ、そして何よりも「府市の二重行政を斬る!」のバナーが付きました!府市の二重行政については、今後、具体的な事例を説明して、より多くの方々の理解を得ていきたいと考えています。

「しんじ通信」は、まだまだ不十分ですが、以後、1号~をアーカイブにして皆様にお示ししたいと思います。初当選ホヤホヤの時のものは、少し恥ずかしいのですが・・・。


彼岸に想う

2011.03.23 Wednesday|過去のブログしんじ

お彼岸ももうじき終わろうとしています。3月21日の春分の日を中日とする7日間に、あの世におられるご先祖様に感謝の気持ちを捧げる伝統的なしきたりは、非常に美しいものだと最近思うようになりました。子どもを授かったことが大きな理由だと思います。

この時期は、「今、ここで、目の前に見える物事に対して」気を取られ過ぎて、物質的で刹那的なものに偏りがちな現代の我々の生活を見つめなおす好機だと思います。戦後政治がおろそかにしてしまった、日本とは何か・日本人とは何かという根本的な問い、そこから導き出される我が国の存在意義、それを守る軍隊の在り方、エネルギー政策、それに付随する産業・経済政策、・・・詰まる所「人が生きるとはどういうことか」ということを、これからの政治は本気になって議論する必要があります。その際、先祖供養を育んだ世界観に見られる価値観、つまり「今に堆積している過去・ご先祖様、(空間的にも・時間的にも)人知を超えたご縁、目に見えないものや大自然=神々」への畏敬の念などが反映されなければならないと思います。

この度の彼岸は、東日本大震災の直後ということもあって、我が国にとって本当に大きな意味のある7日間だと思います。自然がもたらした大災害、そこに垣間見た様々な根本的な問い、それに直面して感じた素直な心に従い、死者を弔う祈りが広がることを願っています。