「日本復活の政治論 信じて和する」を出版致しました。

混迷を極める日本、迷走を続ける政治。その中で、経験も実力もない私は、ただ手をこまねいているしかないのか・・・。 「今の自分にできることはこれが問題だと示し、解決の方向性を示すこと」、そんな想いが通じたのか、様々なご縁を頂き、本書として結実しました。 古神道、修験道の行を通じて、太古からの日本の精神の片鱗に触れ続けて10年。その奥深さに「日本は復活する、その姿は次代の世界の道標になる」と確信しています。 未熟とは知りつつも、あえて今後の京都、ひいては日本のあり方の議論に一石を投じることができればと思っております。多くの皆様にご一読賜り、議論が盛り上がる一助となれば幸いです。

book

ご購入を希望される方はコチラ

1章 日本をしんじる

自然との共生、高い倫理観、優れた技術力…。日本の底力を再確認する

今こそ、伝統が未来を拓く/日本ほどすばらしい国はない/日本人と神 日本人と自然/日本人の経済発展/日本人と経世済民 日本人と食糧問題/日本人と倫理/日本人のDNAは生きている

2章 自分をしんじる

信じる力が可能性を大きく広げる。使命を自覚し本当の自分の人生を生きる

日本人として自尊感情を育む/自分を信じることから物事は前に進む/私が政治家になるまで/私の人生〜使命・自覚・自立/人の話をよく聞くこと、人からよく学ぶことの大切さ/自然体になれる社会を/衣笠峰から幸せとは何かを考える/家族と生きがいを考える/私が自民党に入ったわけ〜自民党と民主党を考える/自立と自助と日本人

3章 仲間をしんじる

個を超えて、大きな目標に向かって団結する和の力こそ、日本の宝である

「仲間」大国日本/和の強さ〜消防団、消防隊員、自衛隊員にみる日本人の強さ/仲間のつくり方を考える/どういう人と仲間、友人となるのか/癒着は「和」や「仲間」の日本的精神に反した行いである/若者が時代をつくる〜若者と長老の共生/「らしさ」の追求/自然は神であり仲間である

4章 京都をしんじる

千年のみやこ京都の復興なくして日本の復興なし!行政課題の解決策を提言

京都は日本の宝である/天皇ご還幸論①/天皇ご還幸論②/天皇ご還幸論③/天皇ご還幸論④/文化都市、学問都市、環境都市としての京都/京都の府市問題から日本のあり方を考える/京都の府市不協調(ふしあわせ)の正体/何故、「ふしあわせ」になったのか?/和して幸せになる、それこそ文化圏都/京都は「幸せ」になることで次代の雛形となれ!

5章 未来をしんじる

現代の危機は、日本の伝統の力によって必ず新たな社会の創造の好機となる

信じることこそ日本人の自然/すべての困難を乗り越えてきた日本人/伝統と改革と/日本の自立と安全保障/「日本」を伝える教育が未来を輝かせる/物から心の時代へ/京都が変われば日本は変わる

「日本復活の政治論 信じて和する」のご購入を希望される方は、下記メールフォームより必要事項をご記入の上送信して下さい。
振込先を返信いたします。入金確認後の発送とさせていただきます。

ご購入を希望される方はコチラ