大阪都構想と京都特別市構想

2011.12.07 Wednesday|過去のブログしんじ

昨日、今日の京都府議会本会議では、自民党の先輩を除いて、大阪のダブル選挙の結果について、どの会派も一言も触れられませんでした。

私は、京都でも府県と政令指定都市の二重行政を、それを引き起こす制度自体から見直すべきだと訴えているので、大阪都構想には賛成です。しかし、対立候補を応援していた自公民の国会議員が、都構想を選んだ民意を尊重する旨を早々に表明したことには、本当に情けなく思いました。政党として、それだけブレて誰が信用するのかと。

そうした風見鶏はいただけませんが、隣の大阪で府県と政令指定都市が同様に抱える制度的な問題を大きな政治課題として扱っているのに、京都府議会で知事に見解を聞かないという感度の鈍さも困ったものです。

同時に、次期京都市長選挙に出馬表明している門川京都市長が、府県と同様の権限を持つ(ということは、京都市域に京都府の関与がほぼなくなる)「特別自治市政令構想」を選挙で訴えていく旨を表明されましたが、それに対する反応もきわめて鈍いものです。このまま選挙に突入するなら、自民党が推薦しても、私は反対したいと思います。

大都市が府県から独立することを許すことは、府域の京都市以外の地域が財源や行政運営の面から、大いに困ることになります。また、京都府域の公務員は増大するでしょう。まさに時代に逆行しています。

加えて、現在、首都圏と他の地域、それに都市と農村の格差が指摘されていますが、そうした議論をまったく無視した構想と言っても過言ではありません。

私は、京都市を分割して、もともと洛中に位置していた旧の上京区・下京区を、日本において「イタリアにおけるバチカン」のような特別な国の直轄都市にして、日本文化の象徴に磨き上げることには賛成です。しかし、今のように無理矢理に膨張した京都市を特別市にすることの必要性は、まったく感じられません。


出版記念パーティー盛会御礼

2011.12.05 Monday|過去のブログしんじ

相変わらず遅れての更新となりました。

先月24日に行われた私の出版記念パーティーは講演会300名、パーティー350名ほどのご参加をいただき、盛会に終えることができました。どうもありがとうございました。

京都では地方議員が「政治資金パーティー」を行っている例はほぼなく、その中で、若輩の私の出版パーティーにご理解頂けたことは、本当にありがたいことです。

拙著は、簡潔に言えば、「日本は素晴らしい、それを支えた日本人は素晴らしい、だからその末裔としての我々はもっと自信と誇りを持って、信じて和する強さをいかして、困難に立ち向かおう!日本文化、日本歴史の中心である京都は、日本の底力を体現する歴史的使命があるから、府市不協調を乗り越えて、それを実現しよう」というような趣旨になっています。

我々の歴史は広大な海原のようなものです。事実を歪曲してまでの自虐史観がはびこった現代において、我々の長所を再度深く理解することは、急務なのです。

当日の講演と、拙著の執筆を側面から支援していただいた先生方との鼎談の様子も、もうすぐ「ラジオしんじ」をバージョンアップした「テレビしんじ」でご覧いただけるようになります。ご期待ください。