9月30日の本会議で質問をします

2011.09.27 Tuesday|過去のブログしんじ

9月30日に本会議場で質問をします。概要は下記の通りです。

①京都への還幸について
かつて京都へ皇太子殿下御一家にお戻りいただきたい旨の要望をしたことはありますが、何を言っているんだというような雰囲気がありました。しかし今は、大震災以降の首都機能バックアップ機能確立などの話で、以前よりは現実味を帯びてきました。還幸についての知事の考えを聞き、私なりの意義を唱えます。

②京都市との関係について
4月の選挙では、二重行政解消の糸口として、類似施設の統合を主張しました。今後、同時期にそれぞれ改修される予定の府立・市立の体育館について、また近々改修が予定されている市の動物愛護センターについて、府市でどのような連絡・調整があったのかを質します。

③市政と警察行政について
京都マラソンが実施される際の交通規制について、府警と京都市はどのような協議をしてきたのか質します。


京都府議会9月定例会

2011.09.22 Thursday|過去のブログしんじ

9月21日より、京都府議会9月定例会が始まりました。会期は10月7日までを予定しております。

本日は、デフレ・円高による京都経済の悪化への対策などを盛り込んだ補正予算が提案されましたが、その規模の小ささを改めて痛感する時、国依存にならざるを得ない我が国の統治のあり方が、時代にあっているのか、そもそも我々の国柄にあっているのかと、根本から考え直さないといけません。

この定例会では、一般質問の機会を与えられました。地方政治から、それも日本においてきわめて特殊な京都という地から、我が国の(人の、統治の)あるべき姿を問うような質問をしたいと考えています。


教育シンポジウム「グローバル人材教育を考える」

2011.09.14 Wednesday|イベント

9月17日(土)15:00〜(一般公開、参加無料)
近畿大学本部キャンパス

グローバル人材育成の必要性が急務である現在の日本において、具体的にどのような教育が大学教育に求められているのかについて、教育問題に造詣の深い有識者による講演がおこなわれます。
このシンポジウムには、私、二ノ湯しんじもパネリストとして参加致しますので、みなさまお誘い合わせの上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

【参加パネリスト】
・表博耀:和道推進協議会会長
・大西ひろゆき:大阪から日本を創る会代表
・中東弘:枚岡神社(河内国一宮)宮司
・二之湯真士:京都から美しい日本を創る会代表
・西田昌司:参議院議員
・野田義和:東大阪市長(※基調公演のみ)