危機感に満ちた明治初期の京都

2011.06.30 Thursday|過去のブログしんじ

大政奉還が行われて明治新政府が樹立されて間もなく、天皇陛下が京都を離れて東京へ移られました。江戸時代の京都(洛中)の人口は、一説には町人人口だけで40万人前後とも言われますが、明治初期には25万人程度に激減したのです。天皇陛下とともに、多くの公家や商人などが東京へ転出したのでした。

京都は、平安京建都以来の1000年の都であり、江戸時代にも江戸・大阪とともに幕府の直轄下にある別格の都市でありました。遷都はそうした地位を脅かされる大事件ですから、明治初期の危機感たるや、物凄いものがあったと思います。

そして、その危機に際して、まさに京都の総力を挙げて復興を目指したのです。先人の努力は大したものだと頭が下がります。

京都は皇室のご用達によって洗練された多くの手工芸品がありましたので、それをより多く販売するために博覧会を開催し続けましたが、岡崎に常設の会場ができるまでは、御所や本願寺などの大寺院が会場となったと言われます。

また、危機に際して天皇陛下から下賜されたり国から頂いたりしたお金を原資として、官立の会社や研究所をたくさん作りました。豪商と言える名士も出資しました。これが、現在まで繋がる京都産業の基盤を形成したと言われます。

また、3代目知事の北垣国道氏は、当時の府の年間予算の2.5倍に上る事業費の琵琶湖疎水開削を、当初の多くの反対論を説得して実行しました。常識に囚われず、官も民もなくまさに文字通り総力を挙げて、京都の復興に取り組んだ訳です。

今は、口先では「危機だ」と言い、「今までの常識では通用しない」と言いながら、官の中では、国と京都府と京都市はバラバラで、従来の路線から抜け出せず、官も民もバラバラで物事をやっています。京都府・市が好きな「オール京都」という言葉は、実態からするといい訳にしか過聞こえず、そうしたごまかしは府・市民への背信ですらあると思います。

東日本大震災は、被災地のみならず、全国に大変な影響を与えております。

それ以前からの、財政問題・エネルギー・食糧・軍事・外交安全保障・精神的荒廃・社会保障・・・。

これを国難と言わずして何というのかという状況ですが、当時のような「総力挙げて」という状況には程遠い現状です。国民・国家意識や危機感の欠如としか言わざるを得ないと思います。私も一人の政治家として自戒して、日々の活動に努めます。


武者小路千家にお邪魔して・・

2011.06.27 Monday|過去のブログしんじ

先日、上京区にある武者小路千家にお邪魔しました。

写真は、「環翠園(かんすいえん)」という七畳敷の広間です。日頃訪れる府庁の北東、御所の西に位置する京都のど真ん中ですが、静寂に包まれて大変良い心地でした。

mushakozi

これを書きながら、茶道の開祖である千利休翁をお祭りする「祖堂(そどう)」が中心に配された敷地の図面を見ながら、崇祖の心の尊さを改めて感じています。

写真はありませんが、「半宝庵(はんぽうあん)」という4畳に枡床の小間にしばらく端坐していましたが、狭い空間、静けさ、うす暗さ、これに妙にはまりました。将来、自宅に茶室なんかがあれば最高だなぁと真剣に思いました。

あの時以来、今でも自宅では照明を落としてちょっとうす暗くしています。その方が心地よく感じるのです。本当に大きな経験でした。


今様とのご縁

2011.06.23 Thursday|過去のブログしんじ

修験道をはじめ古来の修行に勤しむ私ですが、伝統芸能「今様」とのご縁も頂いております。

下の写真は、少し前になりますが、永観堂にて先師の供養祭を執り行い、その後、今様を奉納された時の写真です。日本今様謌舞楽会の二代目お家元石原さつき先生とのご縁で参加致しました。

今様は11世紀末、後白河院の時代を起源とする平和を祈願しての「歌合せと舞のコラボ」であって、当時では「当世風」だったから、名付けられたようです。しばし、異空間に身を委ねました。

imayou

ちなみに、石原先生と舞楽会の皆様には、私の後援会発足会の時、謌を創作して頂いたうえに舞を舞って頂きました。

「大峰修行で心身を鍛えている この国のために 使命のままに私は頑張る」という趣旨の謌でした。


明治・大正・昭和 京都はいかに歩んだか

2011.06.20 Monday|過去のブログしんじ

歴史を学ぶと、平べったく見えていた現在の光景に深い奥行きが感じられます。

「トンネルを掘り進めるには、今までどう掘ってきたかを確認しなければならない」と言った類の言葉を思い出しています。

最近の私は、『京都府の歴史』『京都市政史』などで、京都の政治・行政・産業の歴史を勉強しています。3代目の京都府知事を務めた北垣国道氏の日記『塵介』を手にしてからです(とはいえ、塵介は漢字カナ混じり文なので、殆ど進んでいません・・・)

東京遷都以降、急激に衰退する京都を何とかせねばと思い、大規模事業を次々と遂行していく、明治・大正・昭和の政治家の覚悟や生き様に触れ、我が身を省みる日々です。

戦後、昭和30年代には「制度は運用の時代に入った」と言われたようですが、明治から戦前の、危機感ゆえに責任感に満ちた機動的で大胆な政治・行政の歩みは、この大転換期にあっても未だに「安定志向」で「安定成長期の常識に囚われ」「何でもしますよ」といった現在の行政をいかに変革すべきかに対して、多くの示唆を与えています。近いうちに、明治以降の歩みから学び取った私の考えを少しずつ具体的に記していきたいと思います。

最近「やかましい」と思われているであろう私ですが、もっとうるさくなるでしょう(笑)それは、現在の政治に飽き飽きしている多くの方々が望まれるところでしょう。


歩こう会を再開します!

2011.06.17 Friday|過去のブログしんじ

歩こう会は、「歩くことは健康の基本」をコンセプトに、父の二之湯さとし後援会が200回にわたって開催して参りました。昨年の夏前から中断しておりましたが、二之湯しんじ後援会が引き継ぐ形で再開する運びとなりました。

記念すべき1回目は、下記の通りです。

日時:7月3日(日)

集合時刻:午前9時(時間厳守)

集合場所:京福嵐山駅(小雨決行)

コース:京福嵐山駅 → 亀山公園 → トロッコ駅 → 二尊院 → 鳥居本 → 大覚寺 → 広沢池 → JR嵐山駅 → 京福嵐山駅

以上は予定です。当日の状況で変更することもあります。

 

月に一度、歴史探訪を兼ねたウォーキングとして継続する予定です。歩きながら、色々と見たり聞いたり話したりして、楽しく健康づくりをして友達の輪を広げる場として、お気軽にご参加ください。


京都府議会6月定例会

2011.06.14 Tuesday|過去のブログしんじ

京都府議会では、昨日13日、今日14日に、常任委員会と特別委員会が開催されました。私は、今期は常任委員会の副委員長、関西広域連合に関する特別委員会の委員となりました。

また、来週からは6月定例会が開催されます。日程は以下の通りです。

23日:本会議(開会)

27日~7月1日:本会議(代表質問・一般質問)

4日~5日:常任委員会

6日:特別委員会

8日:本会議(閉会)

 

今回は、残念ながら本会議での質問はありませんが、私の最重要テーマである「府と市の二重行政」のネタを温めています。

隣の大阪では、東日本大震災を教訓に首都機能のバックアップ機能を関西にという話と大阪都構想とをリンクさせて将来構想を描くなどの大きな話が議論されています。私も、「二重行政の解消によって捻出された財源を、次の100年、いや1000年のみやこ・京都の建設に振り向けるべき!」という大きな展望を示す議論をしたいと考えています。

皆様、ご期待ください!!


ラヂオしんじを再開します!

2011.06.13 Monday|過去のブログしんじ

先の統治地方選挙の関係で中断していたラヂオしんじを再開します。収録は5月末に終わりました。

以前までは、第一と第三の水曜日にUPしておりました。今後もそのような予定ですが、今回は5月末日の収録で第一水曜が6月1日だっとということで少し遅れていますが、もうじきUP致します。

引き続きまして、ご拝聴のほど、宜しくお願いします!!


福島県産の野菜を販売しました

2011.06.12 Sunday|過去のブログしんじ

6月12日(日)10:00~、京都市役所前の広場で行われたフリーマーケットで福島県産の野菜を販売しました。これは、自民党が全国の青年局組織を通じて全国一斉に行い、その収益金を義援金として寄付するというものです。

yasai1

「産地直送!新鮮ですよ」「福島県、頑張れキャンペーンです、お母さん、今晩のおかずにどうですか?」などと声を張り上げました。検査で安全が証明されても、「健康に影響があるのでは?」という風評被害で、被災県の農業は大変だとご存知の方も多いのでしょう、なかなか出だしから売れ行きが好調でした。

ブロッコリー・生しいたけ・きゅうり3本・サラダ菜の4つで500円のお買い得商品を用意しましたが、12:00までの2時間で200セットが完売致しました。

DVC00112

皆様のご協力、本当にありがとうございました!


京都府議会で自民党が正副議長を占めた意味

2011.06.06 Monday|過去のブログしんじ

先日の5月27日(正確には、28日の未明)に、京都府議会の5月臨時議会が終了しました。

正副議長など役職者の選出が議論の中心であった今回の議会ですが、先日も書いたとおり、やはり人事の調整は開会日前日までに終え、開会と同時に役職者が選出され、議案が粛々と審議される議会であるべきだったと思います。しかし、従前の慣例通りの日程であったなら、その中で最大の意義を見出さなければならないと考え、会派(党)内では、憎まれるくらいに意見を述べました(笑)

特に、「前期に自民党が副議長ポストを取ること」。これは、第1会派から議長、第2会派から副議長をという「与党」の慣例を打ち破るためにどうしても譲れない一線でした。

ポストが重要なのではなく、非共産党勢力が、知事の与党として慣れ合いを続けることを打破するのが一番大切なことでした。政権交代後、「自民党とは何であるのか?」を自問する中で、国政では理念の違いで対立する政党同士が、地方では知事を支える「与党」という立場を最重要視するばかりに、本音の議論ができていないということを1期目で痛感していました。

そもそも、地方は知事と議会の二元代表制なので、与党は存在しないことに加え、「与党」という枠組みを守るために、自分たちの政治的な立場から喧々諤々の議論ができないことは、「政党政治の死」を意味します。また、そうした遠慮によって議論が貧弱になることは、我々に負託してくれた府民への背信とすら言える訳です。

今後は、与党・野党という立場を超えて、真に府民の立場で議論する議会になるように、努力を続けます。


舟屋の里「伊根町」

2011.06.01 Wednesday|過去のブログしんじ

5月30日・31日と、京都北部の伊根町に言って参りました。以前もご紹介したことがありますが、「伊心塾(いしんじゅく)」という若手の勉強会から講師を依頼されたのです。

当日は、台風2号の影響で、伊根町を含む京都府北部では河川の氾濫や土砂崩れなどの被害がありました。被災者の皆様にお見舞いを申し上げ、府議会議員として復旧に尽力して参ります。

講演のテーマは「京都府と京都市の二重行政」で良いということでしたが、「二重行政を解消し、府市双方の行政のスリム化を図れば、京都市以外の市町村にももっと投資ができるはずだ」という趣旨で話ましたが、そもそも「京都市のことだから関係ない」という考えより、「日本の行政全般にある不合理を解消すべきだ」という考えが今や一般的になっているようで、伊根町の皆さんにも、興味を持って聞いて頂けました。私の話はほどほどにとどめ、あとはお酒を飲みながら、ざっくばらんに話をしました。

翌日は、伊根町の構想や課題について勉強させて頂きました。「重要伝統的建造物群保存地区に選定されている舟屋等の観光資源を活かして交流人口50万人を目指す、そのための基盤整備、それに何よりも人々の意識改革が不可欠」と教えて頂きました。各地で活躍されている若手との交流はやはり良い刺激になります。

高台から見た舟屋群

高台から見た舟屋群