政策を訴えて戦う!

2011.03.31 Thursday|過去のブログしんじ

京都府議会議員選挙の告示を翌日に迎えました。大方の準備を終え、後は時が経つのを待つのみです。意外と平静を保っています。

今回の選挙では、

①東日本大震災による被災地の復興支援のためにも、全国の各地方都市が今まで以上に頑張る、その余力を被災地に送るというのが筋だと思います。しかし、従来のデフレ不況に加えて震災の影響が京都経済にも広い範囲で如実に表れてきた、その影響を最小限に食い止め、京都らしい京都・魅力と活力ある京都を作る方途を具体的に提案すること。

②魅力と活力あふれる京都らしい京都を創るために、また、国も地方も財政難の中で急速に進行する高齢化や産業の空洞化に対応するために、そのための財源を捻出すると同時に、京都の力を結集する必要があります。府市の二重行政のムダや府市の不連携による弊害を具体的に指摘し、府民・市民の理解を大きく広め、改革推進のエネルギーにすること。

この二つを目標に運動を展開して参りたい、徹底的に政策を訴えて参りたいと考えています。

明日出陣式を迎える事務所に、私への寄せ書きのための大きな模造紙を用意してもらいました。大変ありがたいことです。その真中に「しんじ君、君の想いを書いてくれ!」と、筆を渡されて、思うままに綴った言葉。

「尊い使命を自覚し、滅私奉公で頑張ります」

「希望を語る政治で、皆の気持ちを一つに!」


HPを少し変えました

2011.03.31 Thursday|過去のブログしんじ

HPを少し変えました。本当に、まだ少しです・・・。

顔写真、背景のフラッシュ、そして何よりも「府市の二重行政を斬る!」のバナーが付きました!府市の二重行政については、今後、具体的な事例を説明して、より多くの方々の理解を得ていきたいと考えています。

「しんじ通信」は、まだまだ不十分ですが、以後、1号~をアーカイブにして皆様にお示ししたいと思います。初当選ホヤホヤの時のものは、少し恥ずかしいのですが・・・。


彼岸に想う

2011.03.23 Wednesday|過去のブログしんじ

お彼岸ももうじき終わろうとしています。3月21日の春分の日を中日とする7日間に、あの世におられるご先祖様に感謝の気持ちを捧げる伝統的なしきたりは、非常に美しいものだと最近思うようになりました。子どもを授かったことが大きな理由だと思います。

この時期は、「今、ここで、目の前に見える物事に対して」気を取られ過ぎて、物質的で刹那的なものに偏りがちな現代の我々の生活を見つめなおす好機だと思います。戦後政治がおろそかにしてしまった、日本とは何か・日本人とは何かという根本的な問い、そこから導き出される我が国の存在意義、それを守る軍隊の在り方、エネルギー政策、それに付随する産業・経済政策、・・・詰まる所「人が生きるとはどういうことか」ということを、これからの政治は本気になって議論する必要があります。その際、先祖供養を育んだ世界観に見られる価値観、つまり「今に堆積している過去・ご先祖様、(空間的にも・時間的にも)人知を超えたご縁、目に見えないものや大自然=神々」への畏敬の念などが反映されなければならないと思います。

この度の彼岸は、東日本大震災の直後ということもあって、我が国にとって本当に大きな意味のある7日間だと思います。自然がもたらした大災害、そこに垣間見た様々な根本的な問い、それに直面して感じた素直な心に従い、死者を弔う祈りが広がることを願っています。


東日本大震災

2011.03.22 Tuesday|過去のブログしんじ

東日本大震災が発生して、10日以上が経ちました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、今なお厳しい避難生活を続けておられる方々にお見舞いを申し上げます。

私も、13日に自民党京都府連の青年部・青年局の仲間と、四条河原町の高島屋前にて義援金の募金活動を行いましたが、本当に多くの方々から温かいご協力を頂きました。その後も、「うちの工場で製造しているパンの缶詰を被災地に送りたい」とか、「私の所有するワンルームマンションを被災者の住宅として使ってほしい」とか「募金活動したいが集まったお金はどこに持っていけばいいか」などというお声を頂いております。「他人に無関心」と批判される現代の日本人の、しかし心の奥底のぬくもりを垣間見た気がしました。

また、15日には、毎月師匠達と執り行っている神式の護摩に、東日本大震災の犠牲者の慰霊・供養のための儀を追加して、祈りを捧げました。

このたびは、大自然の大きな力とそれに伴う原発事故を見るに、人間は大自然にどのように寄り添うべきか(東洋的)、あるいは人間は自然をどこまで「支配」できるか(西洋的)という「大自然と人間の関係」という大きな問題を改めて考えさせられました。

それは、人間のあり方・生き方、それを支える経済・産業の在り方という問題にも及んできます。持続可能性というキーワードにも関連します。

震災直後、お祝いごとや華美な行催事を自粛する動きが出るのは心情的には非常に自然なことですが、我々政治家はそれにとどまらずに、甚大なる犠牲を無にしないためには、今回の震災が我々に投げかけている大きな問題をしっかりと受け止め、今後の日本社会の在り方を考えなければなりません。

私としては、日本人特有の大自然との調和・共生、それによる持続可能な社会・経済の構築に進んでいくことが、長い目で見た時に、今回の犠牲者に対する最大の慰霊・鎮魂になるのではないかと、考えています。


ラヂオしんじ#18後編

2011.03.16 Wednesday|過去のブログしんじ

radio_start


TPPについて

2011.03.04 Friday|過去のブログしんじ

2月26日、自民党京都府連青年局が主催している「青年政治大学校」において、TVで有名な西田昌司参議院議員と、京都大学の佐伯啓思先生のお二人からTPPについてご講義を頂きました。

西田先生のお話の概要は、「日本はもともと内需中心だから、中国・韓国の参加しないTPPでアジアの成長を取り込んでいくというのは完全な間違いであり、今の日本の不況の正体はデフレで、公共投資=官需を増やしGDPを増やすべきだ」とのお話を頂きました。なるほど、というお話でしたが、私の「GDPを延ばすことは、環境負荷を増幅させる。環境負荷を増やさずGDPを上げる秘策はあるのか」との質問には、真正面からのお答えはありませんでした。確かに、これは難しいことです。私もよくわかっておりません。

佐伯先生は、[TPPという閉ざされた範囲中での「グローバリズム(という名の資本も人も技術も移転する自由貿易)」においては、強権を用いる国家が有利である。日本には不利にしかならない]などのことを挙げられどちらかと言えば反対の立場を示されました。それから、TPP推進に潜む精神こそが問題に話題を移され、「開国」という言葉に注目されたうえで、[明治の開国では「和魂洋才」という考えがあり、大戦の敗戦による「開国」でもわが国の独立を守ろうという気概はあった。今回は、戦後の占領政策の完成によって祖国を守るという意識がなくなり、単にアメリカの言いなりになっているということがどうしようもない]と話されました。

今年度は、作家の関岡英之先生にも政治大学でお話頂きましたが、先生が著書『拒否できない日本』で明らかにされた米国による日本への「年次改革要望書」の存在が思い出され、何とも暗い気持ちになりましたが、「苦境においてこそ政治家の価値がある」と気を取り直しました。

これからも、日本国の弥栄のために頑張りたいと思います。


ラヂオしんじ#18前編

2011.03.02 Wednesday|過去のブログしんじ

ラヂオしんじも18歳、年頃です。
思春期は迷いも多いですが、ラヂオしんじも今後のあり方を模索しながら成長したいと考えています。

<最近のしんじ>
・事務所が少しリニューアルしたこと
・2月25日の活動報告会

<しんじの見た京都>
・京都について殆ど知らないことを痛感する今日この頃。
しんじならではの「京都」をお伝えするための方策を考えました!

<これは言っとかな>
戦後の「個人主義」の教育の弊害を痛感しています。
我が事務所のインターン生にその逆の指導をするためにも、我が身も厳しく律していかねばと話しています。

radio_start