大阪都構想と京都特別市構想

2011.12.07 Wednesday|過去のブログしんじ

昨日、今日の京都府議会本会議では、自民党の先輩を除いて、大阪のダブル選挙の結果について、どの会派も一言も触れられませんでした。

私は、京都でも府県と政令指定都市の二重行政を、それを引き起こす制度自体から見直すべきだと訴えているので、大阪都構想には賛成です。しかし、対立候補を応援していた自公民の国会議員が、都構想を選んだ民意を尊重する旨を早々に表明したことには、本当に情けなく思いました。政党として、それだけブレて誰が信用するのかと。

そうした風見鶏はいただけませんが、隣の大阪で府県と政令指定都市が同様に抱える制度的な問題を大きな政治課題として扱っているのに、京都府議会で知事に見解を聞かないという感度の鈍さも困ったものです。

同時に、次期京都市長選挙に出馬表明している門川京都市長が、府県と同様の権限を持つ(ということは、京都市域に京都府の関与がほぼなくなる)「特別自治市政令構想」を選挙で訴えていく旨を表明されましたが、それに対する反応もきわめて鈍いものです。このまま選挙に突入するなら、自民党が推薦しても、私は反対したいと思います。

大都市が府県から独立することを許すことは、府域の京都市以外の地域が財源や行政運営の面から、大いに困ることになります。また、京都府域の公務員は増大するでしょう。まさに時代に逆行しています。

加えて、現在、首都圏と他の地域、それに都市と農村の格差が指摘されていますが、そうした議論をまったく無視した構想と言っても過言ではありません。

私は、京都市を分割して、もともと洛中に位置していた旧の上京区・下京区を、日本において「イタリアにおけるバチカン」のような特別な国の直轄都市にして、日本文化の象徴に磨き上げることには賛成です。しかし、今のように無理矢理に膨張した京都市を特別市にすることの必要性は、まったく感じられません。


出版記念パーティー盛会御礼

2011.12.05 Monday|過去のブログしんじ

相変わらず遅れての更新となりました。

先月24日に行われた私の出版記念パーティーは講演会300名、パーティー350名ほどのご参加をいただき、盛会に終えることができました。どうもありがとうございました。

京都では地方議員が「政治資金パーティー」を行っている例はほぼなく、その中で、若輩の私の出版パーティーにご理解頂けたことは、本当にありがたいことです。

拙著は、簡潔に言えば、「日本は素晴らしい、それを支えた日本人は素晴らしい、だからその末裔としての我々はもっと自信と誇りを持って、信じて和する強さをいかして、困難に立ち向かおう!日本文化、日本歴史の中心である京都は、日本の底力を体現する歴史的使命があるから、府市不協調を乗り越えて、それを実現しよう」というような趣旨になっています。

我々の歴史は広大な海原のようなものです。事実を歪曲してまでの自虐史観がはびこった現代において、我々の長所を再度深く理解することは、急務なのです。

当日の講演と、拙著の執筆を側面から支援していただいた先生方との鼎談の様子も、もうすぐ「ラジオしんじ」をバージョンアップした「テレビしんじ」でご覧いただけるようになります。ご期待ください。


出版記念パーティーのご案内

2011.11.13 Sunday|イベント

『日本復活の政治論 信じて和する』の出版を記念して、パーティーを開催して頂くことになっております。

11月24日(木)、京都全日空ホテルの2階です。会費は、8000円(書籍1冊分を含む)です。(このパーティーは、政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティーです。)

1部は講演・鼎談で、17:00~18:30です。
私が、30分ほど講演した後は鼎談に移ります。登壇者は、日本文化を研究される建築学者の上田篤先生、私の修行の師匠であり日本国エンタメ観光マイスターの表博耀先生です。

2部は懇親会で、18:40~21:00頃です。
日本舞踊、学生の踊りなど、アトラクションも盛りだくさんです。

参加ご希望の方は、メールか電話075-862-1355 にてお問い合わせください。前日まで、申込を受け付けています。


『日本復活の政治論 信じて和する』が販売されます

2011.11.13 Sunday|イベント

私の処女作となります『日本復活の政治論 信じて和する』(総合法令出版、定価1400円)が11月24日以降に発売されます。

本を作るということは、本当に勉強になりました。自分自身を客観的に見つめ、人に伝わるように編集することの大切さを学びました。

とにかく、日本に自信が持てないことが遠因で、自分にも、そして自分や日本の将来にも自信が持てない、多くの若者に読んでもらいたいと思っています。

全国の書店やネットなどでも販売されますが、私の事務所のお近くの方は、是非、事務所にてお求めください!在庫、たくさんあります!


京都自民党青年セミナー

2011.11.13 Sunday|過去のブログしんじ

11月12日、京都ロイヤルホテルにて、自民党府連青年局主催でセミナーを開催し、その2部では「若いチカラで京都を変える!」と題したパネルディスカッションが行われました。私も、パネリストの一人として登壇しました。

京都にこだわって議論する場を作ったということは良かったと思います。私が、ここのところ、府連青年局の会議でずっと主張していたことが採用された形です。

地方分権と言われる時代に、地方議員も地方行政も中央ばかり見ている態度を徹底的に改めなければなりません。地方政治家が、国・府県・市町村の系列がある既成政党に所属していても、国がすべてを決めるという従属的な態度でいる限り、分権をしてもダメです。

各地域にすむ一般の人々の生活実感に近いところにいて、「何を守り、何を変えるか、そして、我が町をどういう街にするのか」という観点から、国に対して「こういう政策をしてほしい」と要望したり、例えば今ならTPPなどの国政上の重要課題に対して意見を言うなどの、各地域に根差してそこを中心とした発想から政治を行うべきなのです。

同時に、大阪のように、規制の制度を変えてでも、「我が町をこうする」というビジョンを打ち出すことが求められます。少なくとも、思考の段階で既存の制度を前提にする必要は全くないでしょう。

そういう意味では、今日の議論の質がどうだったかは別として、そうした議論の場を持ったことには意義がありました。

国の混乱が続き、改革は地方の動きを積み重ね国を揺さぶるということの方が現実的だとすら思える昨今、こうした取り組みは大変重要だと思います。徹底的に、京都にこだわった活動を追求しようと思います。


皇室を京都にとの知事答弁

2011.10.21 Friday|過去のブログしんじ

ちょっと遅くなりましたが、10月1日付の京都新聞の1面に、京都府知事が「皇室を京都に」という記事が載りました。もちろん、私の質問に対する答弁です。

知事は「首都直下型地震が起こればどうなるのか。首都の代替機能の設置の中で、皇室の安心・安全のために、京都ができることをしたい」という旨を述べられ、皇室が1年のうちに数か月でも京都へ戻られることを望むという答弁をされました。

私は、「江戸時代には、文化の京都、政治の江戸、経済の大阪と、3つの首都機能が分散していた。今、首都機能を言う時、政治と経済のみ言われるがこれからは文化こそ大事だ。京都は、それをよく認識してほしい」と要望しました。

「モノ・カネ」偏重で来て、様々な弊害を生み出した日本の立て直しには、先人が持続的な繁栄を願い築き上げた生き様=文化の復興しかないと考えます。

これからも、「ご還幸」、「首都機能分散」、「文化の復興」の実現をめざしてがんばります。


9月30日の本会議で質問をします

2011.09.27 Tuesday|過去のブログしんじ

9月30日に本会議場で質問をします。概要は下記の通りです。

①京都への還幸について
かつて京都へ皇太子殿下御一家にお戻りいただきたい旨の要望をしたことはありますが、何を言っているんだというような雰囲気がありました。しかし今は、大震災以降の首都機能バックアップ機能確立などの話で、以前よりは現実味を帯びてきました。還幸についての知事の考えを聞き、私なりの意義を唱えます。

②京都市との関係について
4月の選挙では、二重行政解消の糸口として、類似施設の統合を主張しました。今後、同時期にそれぞれ改修される予定の府立・市立の体育館について、また近々改修が予定されている市の動物愛護センターについて、府市でどのような連絡・調整があったのかを質します。

③市政と警察行政について
京都マラソンが実施される際の交通規制について、府警と京都市はどのような協議をしてきたのか質します。


京都府議会9月定例会

2011.09.22 Thursday|過去のブログしんじ

9月21日より、京都府議会9月定例会が始まりました。会期は10月7日までを予定しております。

本日は、デフレ・円高による京都経済の悪化への対策などを盛り込んだ補正予算が提案されましたが、その規模の小ささを改めて痛感する時、国依存にならざるを得ない我が国の統治のあり方が、時代にあっているのか、そもそも我々の国柄にあっているのかと、根本から考え直さないといけません。

この定例会では、一般質問の機会を与えられました。地方政治から、それも日本においてきわめて特殊な京都という地から、我が国の(人の、統治の)あるべき姿を問うような質問をしたいと考えています。


教育シンポジウム「グローバル人材教育を考える」

2011.09.14 Wednesday|イベント

9月17日(土)15:00〜(一般公開、参加無料)
近畿大学本部キャンパス

グローバル人材育成の必要性が急務である現在の日本において、具体的にどのような教育が大学教育に求められているのかについて、教育問題に造詣の深い有識者による講演がおこなわれます。
このシンポジウムには、私、二ノ湯しんじもパネリストとして参加致しますので、みなさまお誘い合わせの上、ご来場いただきますようお願い申し上げます。

【参加パネリスト】
・表博耀:和道推進協議会会長
・大西ひろゆき:大阪から日本を創る会代表
・中東弘:枚岡神社(河内国一宮)宮司
・二之湯真士:京都から美しい日本を創る会代表
・西田昌司:参議院議員
・野田義和:東大阪市長(※基調公演のみ)


テレビ常任委員会

2011.08.18 Thursday|過去のブログしんじ

ツイッターを始めたら、ブログがついついおろそかになってしまいました、失礼いたしました。

本日は、KBS京都で放映されるTV常任委員会の収録があります。文教常任委員会ですが、テーマは、本年京都で国民文化祭が開催されることもあり、「文化の力で未来を拓く」です。私のスローガンみたいです(笑)

京都は「みやこ」ととして歩んできました、その本質はご皇室とともにあったということです。そのあたりのことを発言したく思っています。行政は、そのあたりのことにあまり触れたくないようなので。

放映日時は、
       8月21日(日) 午前10時~11時
 (再放送)8月22日(月) 午前9時30分~10時30分     (KBS京都テレビ)

です。

是非、ご覧ください。