安倍元総理のご講演

2010.12.26 Sunday|過去のブログしんじ

安部晋三元総理

去る19日(日)、神道政治連盟の記念式典に安倍信三元総理がお越しになり、ご講演を頂きました。会場には1000人ほどが駆けつけ、食事も何も無い式典にこれだけ人を寄せる力は、さすがなだなと思いました。

話はうまいし、国政の第一線で活躍した(している)人は、ブレーンも違うし、経験も違うし、持っている情報の質が我々凡人とはかなり異なるものだということを痛感しました。

民主党政権の失政(特に外交について)の本質を突く話、これもさすがなだと思いました。今後の日本の政治が特に気をつけなければならない点として、財政再建を成し遂げつつ社会保障をいかに維持してくかという課題と中国との関係の2点を挙げられ、説得力をもってお話しをされましたが、それにもまして会場の皆さんの心を打ったのは、戦後直後における昭和天皇の御製や靴磨きの少年の話などを取り上げて、日本人が大切にしなければならないものを示された件では無かったかと思います。

残念だったのは、「21世紀のビジョン」というテーマでのご講演でありましたが、それに関しては、先述の財政と対中関係くらいのことで、この激動期において根底から見直しが必要な「環境・産業・幸せの価値観(GDP/GNHなど)・地域社会など人々の絆」に関しての言及が極めて少なかったことです。所謂「保守派」の論陣には、この点が得てして不足しておりますが、私は、こうした観点は、今後政治の場で論陣を張るには不可欠なテーマだと考えます。

「では、お前は具体的なビジョンや政策として、どう説明するのか」と問われれば、まだまだしっかりとは応じられません。大変大きな難しい課題です。しかし、繰り返しますが、こうした観点・課題は、今後を考える上で、正面に据えなければならない喫緊の課題だと考え、逃げずに真っ正面から取り組んでいくつもりです。


エンタメ観光マイスター任命記念のプレス発表

2010.12.25 Saturday|過去のブログしんじ

先日21日(火)、有楽町の東京国際フォーラムにて、表博耀先生が観光庁よりエンタメ観光マイスターの第一号に任命されたことを記念して、観光庁の溝畑長官をお招きしてプレス発表を行いました。私も、表先生と10年来ネオジャパネスク活動をご一緒しているということで、その場に立ち会いました。

来年度、表先生は、フィレンツェ市に招聘されて「ネオジャパネスク2011inイタリア」事業を行う予定ですが、近隣都市のノバラにおいてもJapan Weekをプロデュースする予定となっており、そこに私もネオジャパネスク推進委員会の一員として、京都の衣食住を基礎とした生活文化を持っていきたいと考えております。当日は、そのことも広報してきました。私が話したのは以下のような内容です。

先ほど紹介がありました来年度のイタリア事業におきまして、 表博耀氏は、「日本の光を知らしめる観光マイスター」として、そのプロデュースの領域を広げ、氏の創作による創生神楽の奉納のみならず、日本人の伝統的な世界観・自然観や美意識の具現化である生活文化、特に1000年の都・京都で見事に花開いた「衣食住」を基礎とする生活文化を、革新的なパッケージにまとめ上げて紹介することを現在検討しております。

縫い合わせ胴服のプロデュースと同様、幾多の職人の技と心が一つに束ねられ、文字通り大きく和する「大和」の美として我が国の生活文化が表現された時、それは、確かな審美眼を備えたイタリアの人々の心を強く打つことでしょう。日本の生活文化は、我々の先人が四季の移ろいの中で生き抜いた知恵の結晶であり、自然との共生が模索される今日において、世界中に多くの示唆を与えるものとなり得ます。同時に、それが海外で見直されることは、経済の低迷の中、次なる時代の指針を見出せずに自信を失っている我々日本人を、大いに勇気づけるものとなるでしょう。

皆さまも、来年度のネオジャパネスク事業の意義をご理解いただきまして、ご支援を賜りますことを、共に汗して頂きますことをお願い申し上げます。

中央が表博耀氏、右は縫い合わせ胴服(表氏デザイン)を着てポーズをきめる溝畑長官

中央が表博耀氏、右は縫い合わせ胴服(表氏デザイン)を着てポーズをきめる溝畑長官


マークエステル氏にお会いしました

2010.12.20 Monday|過去のブログしんじ

先週金曜日、大丸京都店で開催されていた「マークエステル絵画展」に寄せて頂き、マークエステル氏とお会いすることができました。

以前、友人の画家である大杉真司氏の結婚式でアークコーポレーションの山中様にお会いした時、実は私は修行中のために精進料理を頂いていたのです!同じ席の皆さんは、びっくりされていたのですが、その時に「修験道の修行をしていまして」という説明から、日本の神話のお話などをしました。すると、山中さんから後日、是非マークエステル氏が来京される時に会われたらいいと、ご推薦頂いていたのです。

当日は、私の修行の師匠で、先日、観光庁長官よりエンターテイメント部門の観光マイスター第一号を任命された表博耀先生と一緒に伺いました。マークエステル氏ご本人と、日本神話の話で大いに盛り上がりました。約1時間ほど、展示されている絵や画集を見ながらお話しました。

マークエステル氏は、たくさんの絵をご皇室や由緒ある神社に奉納されておりますが、河内国一宮である枚岡神社に奉納されるべきだと推薦を受けておられるとのこと。枚岡神社は、表先生のご近所で、我々が月に一度「平国祈願祭」をさせて頂き、禊でお世話になっている神社で、今年は神楽の奉納も行いました(ちなみに、これは来年以降も続きます)。本当に素敵なご縁だなと思い、今後、日本の本当の素晴らしさを伝える活動を何らかの形でご一緒できるのではないか、いや是非そうさせて頂きたい、そのような話をすることができました。感謝です!!


ラヂオしんじ#15後編

2010.12.15 Wednesday|過去のブログしんじ

radio_start


学生に伝えたかったこと

2010.12.13 Monday|過去のブログしんじ

1週間前になりますが、インターンを受け入れる政治家と大学生を斡旋する.JP(ドットジェーピー)という学生団体が主催した交流会があり、その様子が12月6日の朝日新聞(京都版)の記事になり、私の写真がデカデカと載りました。

「インターンで何が学べますか?」という学生の質問に対して、私のコメントとして「口を開けて待っているだけではダメだ。学外でも勉強会を開くなど積極的に動かないといけない」という旨の発言が紹介されていましたが、当日私がしつこく学生に訴えていたのは、実はそういうことではありませんでした。

.JPは「日本の指導者育成を目指す」ことが設立の趣旨であり、そのための学びの機会として、大学が休みになる夏・冬の2カ月間、インターンを受け入れるよう各級議員に要請しています。しかし、私は、政治の世界(だけではないでしょうが)は師弟関係において長い期間をかけて勉強するものだと思っています(私自身、父のもとでの勉強は短かったですが、修行の師弟関係はもう10年近くになります)ので、設立の趣旨とシステムには矛盾があると、いつも.JPの学生に意見しています。指導者育成なら「長期間の本気の受け入れ」をお願いすべきだし、2か月の経験なら「指導者育成」は言うべきではないと考えています。ここで、いい加減であれば、何となく茶番になってしまいます。

私は、今まで20人以上学生を受け入れてきましたが、まずそのことを学生に伝えます。そして、「2か月では政治に関して何ほどのことも分からない。政治に関心があるのなら、本気でその後も続けるべきだし、2か月で終わるというなら、その成果としては、いかに学生が保護された環境で甘えた生活をしているかを自覚し、今後の学生生活を問題意識をもって過ごすためのきっかけになり得るということぐらいだ」と話しています。

私は、インターンを受け入れるからには、縁がある学生とは本気で向き合いたいし、人間関係を結ぶにあたっては、その根本の部分をしっかりと確認しておかないといけないと思っています。こうしたことは、しかし学生にはなかなか伝わりません。それが現実ですが、私は、人間の成長というのはそういうものだと、最近特に痛感するのです。先日書いた「バレンシア・リトル・レモン」のブログも、実はそういう思いが背景にありました。


餅つき

2010.12.12 Sunday|過去のブログしんじ

12月も中旬に差し掛かりました。今日、妻の指示によって(乳飲み子をかかえていますので・・)ホームセンターに長男と買い物に行きましたが、正月のお飾り等、もう本当に年の瀬ですね。・・・・・、追われてばかりの毎日です。

で、正月準備ということでもありませんが、私の母校である西院中学校で、地元の皆さんが主催されている餅つきに行ってきました。結構、つきましたよ。私も、この仕事についてから始めた餅つきですが、だいぶ板についてきました。

臼とりをする人、杵でつく人、息を合わせるのが、なんとも楽しいですね。こうしたことを村や家族挙げてしていた時代は、以心伝心というか、言葉ではなく伝えあうもの、分かり合えるものがあったんだなぁと、いつも思います。

つきたのお餅は本当に美味しいですね。今日も、いい1日でした。(餅つきの前は、子どもたちとドッジボールをしていまた!)

DVC00035


鳴滝了徳寺の大根焚

2010.12.12 Sunday|過去のブログしんじ

10日の金曜日、毎年恒例の鳴滝了徳寺の大根焚に寄せもらい、大根を頂いて来ました。ご奉仕されておられた地元の方々には感謝を申し上げます。

了徳寺は、真宗大谷派ということで、大根焚の由来にも宗祖である親鸞大聖人が関係しておられるとのことです。建長四年(1252年)に鳴滝でお念仏の教えを説かれた時、村人達がそのお礼として塩で焚いた大根でもてなしたということからだそうです。

当時は塩味だったのでしょうが、今は甘辛い味付けで、おあげとの相性がばっちりです。どうもご馳走様でした!!

大根焚


3年経って実を結びました

2010.12.09 Thursday|過去のブログしんじ

桃栗3年、柿8年と言いますが、妻が育てたバレンシア・リトル・レモンが3年目にして、ようやく実を結びました。

「石の上にも3年」と言いますが、何事も結果が出始めるまでにはそれくらいの時間が必要ですね。情勢の変動が激しく、また情報過多の時代、世情に流れることなく腰を据えて物事にじっくりと取り組む姿勢はやはり大事です。レモンを見て改めて実感しました。

それにしても、レモンと言いながら、みかんのような色やなぁ・・。
DVC00012


質問を終えて、・・・

2010.12.04 Saturday|過去のブログしんじ

12月3日、本会議質問を終えましたが、再質問で知事に詰め寄りたかったのですが、質問項目が多かったために時間の都合でそこまで行きませんでした。不完全燃焼と言えますね・・・。

家に帰って、家内がお疲れ様の一言を言ってくれて、ほっとしました。テレビを点けると、何と今まで映らなかった地デジが映るようになっていて「あれっ」とか言いながら、チャンネルを回していると、NHK京都放送で私が映っているではありませんか!!すぐに知事に切り替わりましたが、テロップの内容は、「京都府による財政支援は、小規模市町村に対してのみ行うのが妥当だ。府県並みの権限を持つ政令市には、当てはまらない」というようなものでした。

私の質問は、「今年になり京都市は10億円を超えるような財政支援を府に求めるようになったが、市民としては、財政支援は有難いが、単に府の財布から市の財布へお金を移すだけでは意味がない。支援に際しては、市に歳出削減の努力を求めるべきではないか。具体的には、国際センター等、府市が共に持つ類似施設の一本化や、府下で京都市だけが参加していない京都地方税機構への参加を求めて、商工業部門の組織の一元化などを提案してはどうか?」というものです。

加えて、翌朝(ということは、本日12月4日)の京都新聞には、「類似施設の一本化は、(京都市の)個性を失うことになるので、良くない」「税機構への参加は求める」とありました。加えて、大阪の都構想のような「地方自治体の組織の抜本的な見直し、府市再編の議論は、地方だけで行っても空しい」という旨の答弁も紹介されていました。

知事の答弁をどう解釈すべきなのか。「京都市の財政難に際しても、サービスの低下を避けつつ府市双方の歳出削減や府と市の業務や組織の一元化は、都構想のような府市の激しい争いに発展しかねないので、殆ど進める気はない。財政支援も殆どしない。時代に応じた府市の組織の抜本的な見直しなどは尚更である」とは、そもそも知事の本心なのでしょうか。
(ここからは、11日においての加筆です。後日、答弁の速記を読みました。知事は、市長や府市双方の議会を含んだメンバーで、広く地方分権を議論する中で府市のことを議論する意味はあるし、その議論の土台を作っていきたいと答弁していました。当日の高揚感の中で、私はこ答弁の末尾のこの部分までしっかりと把握してなかったと反省しますが、しかし、議場での知事の発言の抑揚を思う時、自ら進んでそうした議論を主導するということ気持ちは感じられませんでした。事実、そういう答弁はされてませんから・・・)

いずれにせよ、私の立場は、市町村合併・関西広域連合など、地方公共団体のあり方が変わっている現在、府市も例外ではない、特に、市の財政は危機的だから、同種の業務は一本化して府市双方ともに人員を削減して、将来への備えや投資に回すべきとの立場で、それを進めつつ、聖域なくあるべき姿を議論すべきだというものです。これからも正面から議論を深めて参りたいと思います。


12月3日の本会議で代表質問をします

2010.12.01 Wednesday|過去のブログしんじ

またまた告知が遅くなりましたが、12月3日の本会議で自民党を代表して知事に質問をします。TVでも中継されますので、ぜひご覧ください。
KBS京都テレビで13:00~(私は、14:30位~だと思います。)です。お仕事中の方は見られませんね・・。後日、HPでご覧ください。

前回の質問から、京都府議会に議席を頂いている者として、私なりに今の時代に問わねばならないことが絞られてきた気がします。地球環境問題はもちろん、産業、景気、雇用も国際的な視野を持たないと地方におけるそれも論じることはできませんし、家庭や地域社会の変容も経済の変化による社会の変化の影響が大きい訳ですから、実は、現在は特にすべて「地球規模で考え、地域で行動すべし」ですが、しかもその世界情勢が激変していて、社会システムを動かす原理すら問い直されようとしているのです。今回の質問はすべてそういう観点を大切に論じています。

質問のテーマは、以下の4つです。
●児童虐待対策(←自民党本部が各地方議会に呼びかけて同種の質問をして欲しいと要請しています。挙党態勢でこの問題に取り組む試みです)
●森林・林業政策(←私の本会議デビューで、ほぼ毎回取り上げているライフワークです。今回は、かなり具体的に迫ります)
●知事の時代認識・危機感(←この認識が異なると、すべての質問と答弁が食い違います。私は、今は社会を動かす原理を大転換すべき時だと考えていますが、知事の答弁やいかに、・・・)
●京都市との関係(←新たなライフワーク。隣の大阪と同様、実は聖域とされてきた府政の最重要課題なのでした!これを聖域にしておけない時代だと考えています。行政改革の基本=税金をより多く事業・サービスで還元する、という観点から府市を一体で捉える行政改革の必要性を指摘し、具体案を提言します。)

質問としてではなく、私の主張として、京都を再び日本のみこやにするための提案もします。そこが定まらないと、本質的に京都の政策は創れないと考えていますから。