地球環境問題解決のヒント

2010.10.31 Sunday|過去のブログしんじ

誰もが地球環境問題の解決は喫緊の課題だと思っていますが、環境問題の全容とその本質を示したうえで、こうすれば良いと解決策を明確にしている人は、殆どいないのではないでしょうか。しかし、私の限られた情報においてですが、それを明確にしている方が一人おられるのです。東北大学大学院教授の石田秀輝先生です。

昨年、ネオジャパネスクinハンガリーでご一緒させて頂いたご縁で、私が世話役をしている自民党京都府連青年局の公開勉強会「青年政治大学校」の9月の講座にお招きをし、お話を伺いました。まさに目から鱗とはこのことだと感動しました。

環境問題とは、地球温暖化による「気候変動」のみならず、「資源」「エネルギー」「水」「食料」「人口」「生物多様性」に分類されるということ。それらの根本原因は、すべて人間の活動の肥大化であるということ。その人間の活動を支えるテクノロジーはイギリスの産業革命から今まで一貫してほぼ化石燃料を動力源としており、その構造を変えない限り、環境問題の解決はあり得ないということ。そのためには、その動力源を、化石燃料ではなく、地球上でもっとも少ないエネルギーで見事に循環している自然そのものに見出すことが大事だということ、などなど。石田先生は、既にそうしたテクノロジーの集積を始めておられ、それをネイチャーテクノロジーと名付けておられます。

今、上野の国立科学博物館で「エコで粋?!自然に学ぶネイチャー・テクノロジーとライフスタイル展」が開催され、その成果が展示されています。私も10月27日に早速行ってきました!まだ「芽生え」の段階ではありますが、将来に期待が持てる内容でした。この様子は、COP10の関連報道として、10月28日のNHKのニュースでも紹介されたので、ご覧になられた方もいるかもしれませんね。

上記の講演の中で、石田先生は、「江戸時代の日本は、産業革命を経験していたにもかかわらず、日本人特有の自然と共生・調和できる世界観(八百万の神々、山川草木悉皆成仏)によって大量生産・大量消費社会を創らなかった。日本人の身体感覚には、そうした世界観が刻まれている。環境問題の解決の主導的な役割を果たせるのは、日本人である。」と仰いました。同感、大賛成です。

皆さんも、ネイチャーテクノロジーにご注目頂き、応援してください!


二男が生まれました!

2010.10.29 Friday|過去のブログしんじ

今日の午前4時9分、二男が生まれました!体重2952g、身長46cm。長男よりは少し小柄で生まれきました。顔を見たとたん、「長男に似てるな」、でも「声は似ていないな」と、不思議にも思いました。生まれてきた時に既にわかる、一人ひとりの人間の個性に驚かされます。

長男、二男揃ってつくづく親孝行だなと思うのは、二人とも私が出張から帰ってきてから生まれてくれたこと、帰ってくるまで生まれずに母親のお腹にとどまってくれていたこと、です。多くの先輩から、「あんたは出産の日に○○していた!と、いつまでも妻に言われる」という話を聞いてますので、ホッとしています。息子たちに感謝、感謝(笑)

ともあれ、母子ともに健康で出産が終えられたことに何よりの感謝です。これを書きながら、新たな責任が増え、「明日からも頑張ろう!」としみじみと思っています。


ラヂオしんじ#13後編

2010.10.20 Wednesday|過去のブログしんじ

radio_start


祭りの季節、神輿を担ぎます

2010.10.16 Saturday|過去のブログしんじ

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか?

「秋と言えば」の書き出しが続きますが、最近は「秋と言えばお祭り」ではないでしょうか。この時期、豊作を祝い感謝するお祭りが至るところで行われていますね。今年は、酷暑で米や野菜の不作も言われていますが、・・。それでも、日本ではかつてのような餓死者が出るような飢饉などは起こらなくなりました。先人達の努力の積み重ねにも感謝です。

私は、議員になってから色々なところで神輿を担がせてもらっています。高校生以来、体育会系でなくなったので、正直言って慣れないうちは「しんどいなぁ」という気持ちが強かったですが、慣れてくると楽しいものですし、神輿に手を合わせるお年寄りなどを見ると、少しでもいいことに貢献できているなぁと嬉しくもなります。

写真は、私の地元太秦の木島(このしま)神社のお神輿に参加した時のものです。この日は、私が小・中・高校と過ごした西院の春日神社のお神輿も「はしご」しました(笑)色々なところにお誘いいただくのは有難いですが、全部中途半端になってしまうのが申し訳なく残念です。明日17日も、右京区では、福王子・住吉大伴・今宮・山王など、たくさんの神社のお神輿が巡行します。

IMGP2917


My キャラ&ロゴ

2010.10.07 Thursday|過去のブログしんじ

101006_132519

既に名刺とノボリには使用していますが、改めて僕のキャラとロゴを紹介します。

キャラもロゴも、ラヂオしんじで対談した師匠・表先生のデザイン事務所のヤマモ(ラヂオにも一部出演!)が作成してくれました。色々な注文をつけましたが、それに応えてくれたうえに、色々な独自の工夫もしてくれました。ちなみに、ヤマモも修行者です。

キャラで私の背後にあるのは沢瀉(おもだか)で、二之湯家の家紋です。改めて少し調べると、面高「面目が立つ」だとか葉の形が矢じりに似て「勝草」と呼ばれるなど、武人の家紋として普及したとのことです。私は、百姓出身だと聞いていますが、江戸より前は兵農未分離で自分の土地は武装して自分で守っていたのだから、そうなのかもしれません。

また、二之湯は、もともとは三重県いなべ市員弁町にしか無い名前ですが、そもそも稲を運んできた稲部(いなべ)という部民が何かの理由で現在の員弁に移動してきたという伝説?も以前耳にしたことがあります・・。何か、深いところでの権力逃走に関わっていたのでは・・・!?定かなことは分かりませんが、二之湯家の由来を訪ねれば「日本史の深いところに行きあたったりするかも!!」と勝手に妄想して楽しんでいます(笑)

本来は、丸に沢瀉ですが、母方の祖母の出身地である出雲と切っても切れないご縁を感じ、出雲の国の大社はもちろん、その一宮である熊野大社や神魂(かもす)神社、そして何より美保神社に通じる亀甲を使わせて頂いてます。こういう話をすると、きりがありませんので、今回はこの程度で・・。

ログですが、湯の文字の赤い点、これはヤマモ曰く「昇っていく太陽」なので、生まれたての太陽の如く朱色を使っています。兄弟子思いなので、上昇運を刻み込んでくれました。改めて、ありがとう!


本会議質問の録画がUPされました

2010.10.06 Wednesday|過去のブログしんじ

9月30日、本会議場で山田知事に質問しました。

世界規模の大変革期において、日本の統治の在り方も、根本的な見直し議論を始めないといけない。そういう観点から、以下の4つの項目について質問しました。

1.住民自治のあり方について
2.基礎自治体のあり方について
3.京都府と京都市の関係について
4.広域行政組織について

特に、3に関しては隣の大阪府で「都構想」が議論されています。これは、大阪だけの、橋下知事だけの問題ではありません。東京都も、かつては東京府と東京市であったものが、行政の非効率を解消し国家の力を結集するために、昭和18年に東京都と特別区になりました。今、東京都と特別区に、大阪や京都のような二重行政はありません。京都府と京都市も同種の問題があり、むしろ京都の方が264万府民に対して市民147万人、実に56%の住民に対して二重行政をしているお粗末な実態があります。
この9月府議会には、国との二重行政を解消することも視野に「関西広域連合」の承認を求められています。それなら、まず府内の二重行政を解消するべきだというくだりは、私なりにしっかり発言させて頂きました。是非とも、質問の録画をご覧ください。

京都府議会HP
(ここから、インターネット中継→録画中継→本会議→平成22年→9月定例会→9月30日の二之湯真士のボタンをクリックしてください!)


北桑木材センター

2010.10.06 Wednesday|過去のブログしんじ

今朝は、JR花園駅前での街頭演説を終えてから、右京区京北にある北桑木材センターに久しぶりに行きました。「今月26日に祭典があるから、今日は静かなもんやで」と、知人に言われましたが、それでも現場に足を運ぶと何らかの収穫(情報など)は得られます。

私から、「京都府は府内産木材の地産地消に取り組もうとしています(スピードは速くはありませんが)。一方で、京都市も市内産材の地産地消に取り組もうとし、また非効率な二重行政をしようとしている」と指摘すると、知人が「確かに、一本化したらそれなりの力にはなるかもしれない。しかし、市場を通さないと、何々産か分からない。」と返答。さらに、傍にいた福井県からきているという方が「どうして、府県単位でするのか?今は、国産材の普及ということで国を挙げて一体的な取り組みをすべきではないか」と指摘。知人も同調されました。行政は、どうしても自らの権限の範囲、役所の範囲のみで動こうとします。しかし本来は、実態に即して、その業界にとって、山を守ることにとって一体何が一番いいのかという観点で、我々は議員活動に取り組まなければなりません。

今後、川上(山・森林)から中流を経て(加工・流通)川下(工務店・施主など)に至るまでの木材関連産業をどう立て直すかにおいての、重要な論点にしたいと思います。

しかし、自然に触れるのは本当に気持ちいいです。そこに囲まれた木材センターは、そういう意味ではものすごくいい職場ですね。

北桑木材センターにて

北桑木材センターにて


ラヂオしんじ#13前編

2010.10.06 Wednesday|過去のブログしんじ

ラヂオしんじも丸一年を終え、ますます充実して行きたいとはりきっています!
最近の出来事としては、成長著しい息子とIKEAに行ったことや、私の修行者として仕事として、「神楽」の奉納をしていることなどをお話しています。
しんじの見た京都では、この時期、日曜日に右京区の運動会を回っていますが、それが観光になる、特に御陵が右京にはたくさんあるということをご紹介しています。
これは言っとかな!では、日本人はもっと情報の管理・分析をしっかりして、色々な制約のもとでも幸せな未来像を描き、戦略的な国家運営でそれを実現すべきだというを、府議会からの米国視察の感想等も踏まえて、お話しています。

radio_start


まさに「大自然に抱かれている」という感覚

2010.10.04 Monday|過去のブログしんじ

以前、ラヂオで「御嶽山に登拝した時の写真をアップします」と言いながら、そのままになっていました(汗)

8月16日、京都ではお先祖様をお送りする五山の送り火が赤々と燃え上っていましたが、その頃、私は長野県の木曽御嶽山に車で向かっていました。翌午前1時半から登拝することになっていたのです。(注:修験道では、山は神々が住まわれる処ですので、登ることを登拝と言います)

当日は、見事な快晴でした。空は、文字通り満点の星空で、流れ星も2,3回見えました。標高が高く周りには植物は一切自生していないので、視界を遮るものはありません。岩肌に寝そべって、真っ暗闇で空を見上げると、空は円く、そこに散りばめられた無数の星々が瞬いています。その一つに過ぎない地球に、これほどの生命が溢れているという奇跡。そして、今、ここにいる自分、それは奇跡を超えた必然です。

日ごろの都市生活のベールが完全に剥がされ、世界の基層とも言うべき素のままの状況に置かれると、まさに「大自然に抱かれている」という感覚に囚われます。「それぞれが自らの生の神秘を思い、それ故にその命をより輝かせようと努める」。行者の先達は、こうした悟りの道を残してくれています。

無事に、ご来光が登る前に山頂に到着しました。そして、ご来光に手を合わせて、感謝。残念ながら星空の写真は撮れませんでしたが、ご来光の写真は皆さんにご覧頂きたいと思います。御嶽山ご来光


落語に学ぶ

2010.10.03 Sunday|過去のブログしんじ

今日は午後からあいにくの雨となりましたが、午前中を中心に運動会を7つ回ってきました。旧京北町地域での運動会では、丸太を切る速さを競う「与作リレー」なるものがありまして、運動会も地域性があります。田舎は、村人総出で、という感じで、独特のぼのぼのとした感じがあります。

運動会を回ってから、鳴滝にある了徳寺にて、桂塩鯛(旧名は、桂都丸)師匠の落語を聞きました。鳴滝トンボ会(旧名、鳴滝青年会)の方々が世話をしてくれる恒例の会で、いつも楽しみにしています。

落語は、身振りも多少あるものの、言葉が全て。私も、言葉で感動を与えることが重要な仕事ですので、いつも感心しながら聴いています。それにしても、噺家もハイクラスになると、聴衆を一瞬で掴みますね。それが、凄いなぁといつも思います。聴衆が、その人を目当てに来ていて、心に構えるところが無いということもあるのでしょが、それにしてもその一瞬の技には、いつも唸らされます。

ネタを身体に叩き込んでいるから、聴衆の雰囲気に合わせて、抑揚や間合いなどを変化させる。このあたりの芸も身につけられたら、いいですね。「二ノ湯しんじの講演会、聴きに行こう」と思ってもらえるように、ネタ作り、そして話ぶり、これからも日々精進します!