聾学校の運動会で見た「大切な光景」

2010.09.29 Wednesday|過去のブログしんじ

秋の話題が続きますが、今回は「スポーツの秋」です。今朝、右京区御室にある府立聾学校の運動会に行ってきました。聾学校には、地元ということで事あるごとに足を運んでいます。明治初期に、篤志家の古河太四郎氏が設立したという経緯のある学校です。先人の、故郷や社会的弱者に対する慈愛に、ただただ感心するばかりです。

聴覚の障害がある生徒達、複数の生徒は他の障害も併せ持っています。その受け入れざるを得ない現実に正面から立ち向かい、日々必死に努力する様子が伝わる運動会は、本当に胸を打つものがあります。

我が子が幼い頃は「うちの子に限ってどうして」と悩まれたことでしょう。そうした日々を越えて、今は我が子に懸命に寄り添い、日々の小さな成長の一つ一つに大きな喜びを感じられているであろう保護者の方々の温かい眼差し、それはすべての子に向けられているように感じます。そして、卒業生を社会で自立できるようにと日々労を惜しまない先生方。

こうした大人達の温かさに包まれているこの聾学校は、いつも非常に家庭的な雰囲気を持っています。幼稚園から高等部まで、幅広い世代のハンディを負った子供たちが、助け合って生きているこの「村」というか「大家族」の光景に、私はいつもぐっとくるのです。

繰り返しますが、この学校は、古河太四郎という篤志家の大きな功績のもとに一つの民間の聾唖院として出発しました。その先人の慈愛が基礎にある聾学校という大家族で繰り広げられた無数の人間ドラマを想像するにつけ、我々日本人が失いつつある大切なものを思い出すのです。「先祖から引き継いだこの故郷のために、自分は今、そして後世に何ができるのか」と、そして「厳しくとも現実にしっかりと向き合い、腐ることなくひたむきに生きる」と。

こうしたことを思うにつけ、物質的には豊かになっても満たされず、ひとたび不況になると、不足や不満が渦巻く日本で、「幸せとは何か」と、改めて考えざるを得ないのです。


創世神楽の奉納

2010.09.28 Tuesday|過去のブログしんじ

秋と言えば、スポーツの秋、食欲の秋でもありますが、ここは「芸術の秋」も忘れてはなりません。

たびたびHP上やラヂオでお伝えしておりますが、私は学生の頃からJ-ARTという団体に所属して、ネオジャパネスクという運動に参加しています。その運動は、主に海外で日本の伝統文化をベースにした新たな日本=ネオジャパネスクを紹介してきました。それは、リンクしているネオジャパネスクのHP(上の太斜字のところ)に詳しいですが、その紹介の一つとして、日本の武道の型や色彩・音色などで伝統的な自然観・生死観を表現する舞台芸術をイマジネーションステージとして披露してきました。それを今年からは国内においても、「創生神楽」と銘打って、各地の一の宮を中心に奉納していこうという取り組みを始めました。私も、演者として出演しています!

実は、先日9月26日に、東大阪市にある枚岡神社(河内の国一の宮)にて、300人を上回る聴衆の前で奉納を済ませてきました。そして、来る10月1日も、淡路島のいざなぎ神宮(淡路の国一の宮)で、奉納を予定しています。こうした様子は、後日、YOU TUBEで見られるようになるみたいですので、その時は、またお知らせします。是非とも、ご覧ください。


9月30日、知事に質問します!

2010.09.28 Tuesday|過去のブログしんじ

京都府議会では、昨日9月27日から本会議での質問が始まりました。TV中継を見られていた方もおられると思います。

私も9月30日に、本会議場で知事に質問をします。大きなテーマは、「激動の時代、日本の国力を最大限に引き出す統治のあり方をいかに考えるか」です。国際的には、ポスト冷戦からポスト9.11へ、グローバル経済の拡大、中国・北朝鮮・ロシアと東アジアや極東の緊迫、気候変動・水・食料・資源・エネルギーをはじめとする環境問題など、状況の変化はめまぐるしく、国内では、他の国に類を見ない急速な高齢化、少子化、倫理観の崩壊、産業の空洞化、都会の無縁社会化と田舎の過疎化、農林水産業の疲弊、などなど、数えきれない課題があります。

しかし、先日、府議会でアメリカはNYCに参りましたが、率直に感じたことは「日本人は非常に優れている」ということでした。でも、日本は沈没しつつあり、国民は自信がない。その大きな原因の一つは、政治・高級官僚の戦略の不在と、国民の行政への依頼心の増大ではないかと思います。

我々日本人が、日本に生きて良かったと思える誇らしい国を創るために、また素晴らしい能力を備えた国民が自立しその力を最大限発揮するために、国の統治機構はどういうあり方が良いのか、それを地方自治のレベルで知事に問いたいと考えています。

府議会の傍聴は自由です。当日、13時頃に議会棟にお越しになられたら、受付は簡単です。私は、13時30分開会の本会議の2番目の質問なので、14時前後からだと思います。なお、質問の様子は、後日、京都府議会のHPでも見られます。


街頭演説をしています!

2010.09.27 Monday|過去のブログしんじ

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、特に朝夕はめっきり涼しくなりました今日この頃ですが、皆さんはお元気にお過ごしですか?

私は、9月に入ってから、平日の朝は雨の日以外は毎日、街頭演説をしています。だいたい、7:30~8:30です。場所は、西院駅前、太秦天神川駅(サンサ右京)前、梅津段町、JR花園駅前をくるくる回っています。1時間くらいは、休まず喋ります。時々、私の周りで手を振っているインターンの学生に突然マイクを渡して2・3分喋らせ、びっくりさせています(笑)

 

今朝は、「しんじさん!」と少年野球でお世話になっている奥さんに声をかけて頂き、消防団の分団長さんに笑顔で会釈して頂きました。そのことが、ものすごく嬉しいんです。一方で、「今までの総括をしろ!」と厳しい言葉を吐き捨ててスタスタ歩いて行ったおじさんもいました。

それに、今日は大きなおまけがあって、偶然にも父さとしが「お、やっとるな」と言わんばかりのニンマリ顔で、私の前をスタスタと通り過ぎました。

 

話の内容ですが、ここのところは、

①環境・産業・景気・倫理観・防衛・財政・社会保障など、あらゆる分野において今までのものが崩壊し、行き詰っている。今までの価値観の延長の行政では、国家運営は立ち行かない。すべてを抜本的に考え直させねばならない。

②そのことを我々若い世代が一生懸命やる。今までの自民党に対する批判を我々がしっかり受け止め、「わが身を顧みず公に尽くす」の決意と覚悟で、自民党のしがらみにとらわれずに政治・行政を改革する。

③京都府議会議員としては、京都府・市の二重行政を皆さんにしっかりと示し、この無駄を排して、その財源(数百億)を未来への投資・備えに回すようにしていきたい!

④未来への投資としては、京都の強みを生かして、観光関連&環境関連の産業を育成すべきだ。

と、だいたいこんなことを訴えています。

皆さんも、私を見かけたら、ぜひ声をかけて頂くなり手を振るなりして頂ければ、本当にありがたいです。通勤・通学でお忙しいところ恐縮ですが・・。明日は雨かな・・・・


ラヂオしんじ#12後編

2010.09.15 Wednesday|過去のブログしんじ

radio_start


TVで「子育て支援策」を議論します

2010.09.13 Monday|過去のブログしんじ

暑い日が続きますが、お元気でお過ごしでしょうか?地球全体の温暖化・気候変動を感じずにはいられない今日この頃です。

さて、長男の一樹(いつき)も1歳7カ月となりまして、家の中で大暴れしています(笑)「子育は大変だなぁ」とつくづく実感しますが、そんなことを言うと、妻から「たいして手伝ってないくせに!」と怒られてしまいます(汗) 家内は妊娠中ですから、なおさら大変です。ただただ感謝あるのみです。

そんな私ですが、今年は府民生活・厚生常任委員会の委員を拝命しています。京都府議会では、各常任委員会における議員同士の議論をそれぞれ年一回TV放映する「TV常任委員会」が行われていますが、我々の委員会では、今年は「子育て支援」をテーマに議論します。その収録が今週の木曜日にありまして、放送は、

9月19日(日)午前10:00~11:00

9月20日(月)午前9:30~10:30        KBS京都   です。

 

皆さん、ぜひご覧ください。宜しくお願いします。


ラヂオしんじ#12前編

2010.09.01 Wednesday|過去のブログしんじ

今年は格別に残暑が厳しいようですが、リスナーの皆様はお元気にお過ごしですか。
今回は夏の終わりに収録したこともあり、京都の夏に関してのお話をさせて頂きます。

radio_start