自民党と民主党は全く違う

2010.06.23 Wednesday|過去のブログしんじ

「二之湯君、何でまだ自民党にいるんや。これからは、民主党やろ」と真顔で心配していくれる方がいます。しかし、全く見当違いな「助言」です。自民党と民主党は全く違う政党なので、そんなことができる訳がありません。

自民党は、1955年に、世界的に共産主義・社会主義勢力(革新)が強かった時代に、それに対抗するために結党された保守政党です。祖国の歴史・伝統・文化、つまり先人が築き上げた共存のための生活の有り様・知恵を最大限に尊重することを旨とします。対して、共産主義・社会主義国家では、独裁的な政府のもとで統制経済・計画経済を進め、政府が自らの権威を絶対的なものにするために、歴史・文化・伝統などを破壊します。まさに、実態よりイデオロギーが最優先です。

そのイデオロギーが正しければまだしも、所謂「東側諸国」がどんどん崩壊したことからも、歴史的に誤っていたことが証明されています。

日本では、自民党が保守・自由主義経済であり、社会党が革新・計画経済を指向する55年体制が終わったとされていますが、私は、いまだに社会党は、社民党よりも民主党に多く生き残っていると考えるのが正しくて、「イデオロギーの時代は終わった」と言われるのは、誤りだと考えます。

民主党の、「子ども手当て」「高校無償化」「農業の戸別所得補償」など所謂バラマキ政策は、極めて社会主義的な政策です。また、「永住外国人に対する地方参政権付与」や「選択的夫婦別姓制度」など、民主党が提案している制度は、日本国を解体するような、極めて革新的な政策です。これらを見ると、民主党≒社会党ということが、良く分かります。

自民党は、自らを保守主義の政党だとし、それを示した政党の憲法と言うべき「綱領」(基本方針)を持ちますが、民主党は、小沢・鳩山氏に代表される「元自民党」や、横路・輿石・赤松氏に代表される「元社会党」らが混在し、政策の基本方針で一致できないので、綱領を持ちません。ですから、色々な問題で迷走を続けるのも当然ですし、そうした政権が政治を行う限り、日本は極めて不安定なままです。

自民党は、綱領を持ちながらも、長く政権与党にいる間に、それぞれの議員が既得権益に群がり私腹を肥やす政党になり、そこでできあがった政官財のしがらみの中で、時々の国民の切なる訴えに応える改革を断行することができなくなっていました。我々のような青年世代が、このように自民党の下野した総括を行い、今一度原点に戻る党改革を断行すべきなのです。そうすれば、全く異なる自民党と民主党を似たようなものだと評論される屈辱を味わうことも少なくなると考えています。自民党には、保守主義の政党としてのメッセージが弱すぎたのです。

激動の時代には、しっかりとした哲学・理念に基づいた政治が必要ですから、日本に唯一の保守主義の政党として、その存在意義を自民党がしっかりと示さなければなりません。それが、国家国民のために必要なのだと確信しています。


ラヂオしんじ#9後編

2010.06.16 Wednesday|過去のブログしんじ

radio_start


青年世代は責任世代2

2010.06.15 Tuesday|過去のブログしんじ

自民党の青年局のネットワーク創りですが、5月中旬から綾部・福地山・舞鶴・京丹後・伊根など、京都の中北部をほぼ二周しました。京都の中北部は、交通網も未整備な地域が多く、とても広く感じます。しかし空気も食事もほんとに美味しい!!

その中で、先日、日本海に面した「舟屋の町」伊根町で、伊根町の街づくりに真剣に取り組む若手集団「伊心塾」の皆さんと懇談しました。実は、私が青年世代のネットワーク創りを中北部から始めたのは、半年ほど前に、パルススプラザで開かれた京都府の「農林水産フェスティバル」で、伊根町の油屋旅館のご子息である濱野さんに「二之湯さんですよね。伊根では、最近自民党がだらしないけど、頑張れ!という若手の勉強会をやってます。1度ご一緒しましょう!」と声をかけて頂いていたことを思い出したからです。

伊根町には、10年来の兄貴分である大西ひろゆきさん(参議院全国比例候補予定者)と、京丹後市会議員の守口亨さんと一緒に行ったので、皆さんも大変歓迎して頂き、遅くまで盛り上がりました。自分の仕事以外に、常に自分たちの故郷の今、そして将来について真剣に考え行動されておられる方々に関心させられました。私も、議員としての自らの役割・使命の重さを感じずにはいられません。

また、綾部では、四方源太郎氏を中心に綾部市会議員の方々とも2度懇談をしました。そのことは、四方さんのブログにも書いていただいています。

少しずつですが、着実に動き出しています。今後の展開に、私自身がワクワクしています!!


二丿湯しんじ通信 第8号

2010.06.15 Tuesday|過去のブログしんじ

shinji_news_vol8

※バナーをクリックすると PDF でご覧頂けます


青年世代が責任世代。もっと世の中を創る力に!

2010.06.14 Monday|過去のブログしんじ

最近の私の問題意識の一つに「青年層の当事者意識の低さ」があります。

私自身、政治家として、政党人として、また社会人として、まだまだ未熟でみよっこです。そう思うことは、一方で謙虚さにつながり、日々精進する意識につながる部分はありますが、しかし他方でそういう意識が強すぎると、上の人に任せたり今までのルールに委ねたりすることになりがちです。

自民党が下野して以来、その原因の追求・犯人探しが始まりました。その中で、地方議員は、国会議員の体たらくを批判しました。また、若手は、先輩の良くない部分を批判しました。確かに、それはそれで一理あるものが多いですが、では、その批判者は、何をしてきたのか。私は、「確かに、自分は政党人として政治家として未熟なちっぽけな存在だが、しかし、その立場に甘えて、党改革や議会改革に積極的に関わらずにいたのではないか」と痛烈に反省しました。

自民党の下野というのは、一般の方々から見ると、対岸の火事・自分とは関係の無いことに思われるかもしれません。しかし、自民党の下野とは、55年体制の政治の終焉で、つまり、新たな政治を模索する第一歩です(新たな姿は、おそらくイメージされてはいませんが)。時代に応じて、政治も変えてくれ!という国民の深層心理でしょう。しかし、時代が変われど、国家の繁栄や国民の希望・安心のために変われていないのは、政治だけではありません。社会のあらゆる分野、そして、国民の意識の大半もそうではないでしょうか。とすれば、国家挙げての、新たな国創りが必要なのです。

新たな国創りは、「国家100年の計」ですべきですが、少なくとも10年・30年後の日本を考えて、それぞれの分野で動きを創っていく必要があります。であるならば、10年後、各界で最前線で活躍しているだろう我々青年世代が、今、この時代の大転換期に負う責任は非常に大きなものがあります。我々のような政治家は、社会を創る際の指揮者・指導者ですから、そのことを各界の青年世代にしっかりと訴えていく必要があります。

まずは、隗より始めよ。ということで、私は、5月の中旬から自民党青年局のネットワーク作りのために動き出しています!


ラヂオしんじ#9前編

2010.06.02 Wednesday|過去のブログしんじ

今回のラヂオしんじはいつもとひとあじ違う!?
しんじ先生の古神道(こしんとう)や修験道(しゅげんどう)の師匠でおられる、表 博耀 氏との対談の模様をお送り致します。
ネオジャパネスクURL:http://www.neo-japanesque.net/ho-01hiroaki_omote.htm

radio_start