故郷の歴史探訪を通じた地域力再生

2008.10.30 Thursday|過去のブログしんじ

昨日28日の晩、地元太秦学区の有志が集まって、太秦の観光マップ作成の会議をしました。これは、経済産業省が実施している「広域総合観光集客サービス支援事業」(簡単に言えば、観光客に地域密着でやっている商店街にお金を落としてもらおうというもの)という補助事業に採択された「京都フリーウォーク」のコンテンツ作りです。
(京都フリーウォーク http://kyoto-free-walks.com/  )

「京都フリーウォーク」の詳細はHPにゆずりますが、簡潔に言えば「Podcast」という「iPod」に動画・音声込みのコンテンツをダウンロードできる仕組みを利用した観光情報提供です。iPodユーザーの若者を対象に、今までと一味違ったコンテンツの提供を目指しています。

さて、太秦バージョンはと言うと、公開前なので詳細には明かせませんが、「蛇塚古墳」や「いさら井」や「車僧影堂」、最も有名なものでも三柱鳥居で知られる「木嶋神社」といったかなりマニアックなものです。京都へ頻繁に来られる方にも非常に新鮮に思える観光ガイドであることは間違いなしです! 「これは凄いぞ!」と盛り上がりながら、昨日は遅くまでお酒で盛り上がりました。

昨今、様々な場面で「地域力の再生」ということが言われています。そのための方策として、地域での産業・雇用の拡大、自治会など地縁組織の強化など色々なことが言われますが、私は何を措いてもまず「地域への愛着や誇り」ではないかと考えています。学校教育において幼少期から故郷の文化や歴史がしっかりと教えられることが不可欠ですが、地域の歴史遺産・文化資源を観光情報などに整理するなどの取組みを通じて、大人も地域への理解を深めていくことが大切だと考えています。去る9月定例会の一般質問でも、このような趣旨のことを述べました。ビールを飲みながら盛り上がっている皆さんの様子を見て、改めてそう感じる夜でした。


決算特別委員会で連日の審議

2008.10.25 Saturday|過去のブログしんじ

京都府議会では、10月22日~11月13日まで、ほぼ毎日平成19年度の決算を審議する決算特別委員会が開会されており、私も委員として連日審議に参加しております。日程は以下の通りです。

<10月>
22日(水)  総括説明・総務部
23日(木)  教育委員会・人事委員会・監査委員会
24日(金)  建設交通部
27日(月)  文化環境部
28日(火)  健康福祉部
29日(水)  政策規格部
30日(木)  農林水産部
<11月>
4日(火)   商工労働観光部
5日(水)   警察本部
6日(木)   知事直轄組織
7日(金)   府民生活部
10日(月)  現地調査1日目
11日(火)  現地調査2日目
13日(木)  総括質疑(KBS京都にてTV放映されます)

連日、4時間程度の審議が行われます。質問時間は、会派ごとに人数に応じて配分され、その時間の中で各会派の希望者が自由に質問をすることができます。今日までに3日、5つの部局に対する質問が終了しましたが、私は全ての部局に対して質問をしております。

昨日23日の監査委員会への質疑応答では、ここ数日新聞紙上を賑わしている、会計検査院が指摘した「京都府による国庫補助金の目的外支出」について、私をはじめ各質問者から厳しい質問がなされました。毎年、監査委員会の決算については15分ほどの審査で終わるのですが、今年ばかりはそれだけの時間では質疑応答が不十分であるため、審議をいったん中断して、後日時間をかけて行うという異例の展開となりました。

議員になって1年半経ちますが、これほど緊張し白熱した審議で、誰から見ても議会が機能していることが分かるような経験は初めてであり、府民から頂く税金の適正な支出について、府民の代表として責任をもって仕事をする大切な立場であることを、改めて強く認識いたしました。


両親教室に参加しました

2008.10.24 Friday|過去のブログしんじ

いつもながら遅ればせの投稿です。

10月14日、右京保健所で開かれた「両親教室」に参加しました。雨降りの平日のお昼間でしたが、妊婦=プレママが30人ほど、その夫=プレパパが3人参加していました。スーツ・ネクタイ姿のプレパパは私だけ。ちょっと照れました。

こういうことも時代なのかなぁと思いました。かつては、地域や大家族の中で、出産や育児の知恵や知識が継承されてきた、しかし今は、子育てに対する不安を持つ若いお母さんが多い。行政や社会の認識はだいたいこのようなものなのでしょう、行政は各種の子育て支援策を用意し、多くの地域では子育て支援のための民間団体が設立されています。

さて、私もこうした機会などを通じて、父親になる心構えを確かなものにしようと思い、参加しました。妻の妊娠を知った時は、父親になることがあまり実感ができず、初めての妊婦検診で撮影された小さな胎児の写真を見た時などは、新たな命を授かったことへの畏怖の気持ちばかりを覚えました。しかし、だんだん妻のお腹が大きくなり赤ちゃんの胎動を感じるにつれ、新しい命を得たことが生活上の喜びとして実感できるようになりました。そして、徐々にプレパパの自覚も芽生えてきたのでした。

両親教室に参加している同世代の皆さんは、同じような喜び・驚き・不安などを抱える仲間だと思うと、すごく親しみを覚えました。新たな命を抱えるプレママの穏やかなオーラに満たされた部屋で、私は、助産師さんの言葉の一つ一つを大切に聞いていました。


10月9日「府政報告会」の盛会に感謝!

2008.10.16 Thursday|過去のブログしんじ

10月9日(木)18:30~21:00、アークホテルにて「二之湯真士 府政報告・懇親の夕べ」を行いました。約130人の方にお越し頂き、盛会に終えることができました!本当に感謝、感謝です。

議員が企画するホテルでの会は議員の個性に応じて様々ですが、私はできるだけ多くの方に気軽に参加してほしいということで、食事と飲み放題込みで5,000円の会費にし、また「議員ならでは」を意識して、活動報告の後に来場者の質問に答える時間を30分ほど設けるなど一方通行ではなく「やりとり」をメインにしました。ノリの良い司会者が、硬軟取り混ぜた質疑応答で会場を盛り上げてくれて、多くの方に満足して頂けた会になったのではと嬉しく思っています。

当日頂いた質問カードには本当に色々なご意見・ご感想を書いて頂きました。様々な背景を持つ方々を相手に話をすることの難しさを知り、議員にとって言葉は命であると同時に命取りにもなる諸刃の剣だと改めて思い知らされました。また、相当な努力がなければ、自分中心の幅の狭いものの見方・考え方に陥ることも再認識させられ、日ごろから幅広い方々との親しい交流が不可欠だと痛感しました。

何はともあれ、これが飛躍の大きな原動力になることは間違いありません。これからも、真に皆様の代表になるべく、多くの意見交換の場を持っていきたいと思います。


10月1日の本会議で一般質問をしました!

2008.10.16 Thursday|過去のブログしんじ

10月1日、本会議で2度目の一般質問をしました。

本会議の演壇はやはり緊張します。他人が質問する様子を見ても思いますが、現場を知らずに机上の議論をしても、魂がこもらず迫力がでません。住民の代表たる議員は、役人と比べて学術的あるいは行政上の知識では劣ってしまっても、現場感覚では優っていなければ、存在疑義がないと言っても過言ではありません。私も、もっともっと様々な「最前線」に出かけていき、肌身で感じた現場の感覚を言葉に込めて質問をしていかなければと痛感しました。

今回は、「地域力の再生」というテーマに沿って、色々な観点から質問をしました。都市域に関しては、自治会や消防団など地域組織の強化や京都府の「地域力再生交付金事業」のあり方について、農村部に関しては、有害鳥獣対策や森林整備のあり方について、それぞれ質問しました。

詳しい様子は、京都府議会のHP  http://www.pref.kyoto.jp/gikai/  のトップページ「平成20年度9月定例会」の「一般質問」から見られます。どうぞご覧ください!!

ちなみに、記念すべき初質問は、同様にトップページの「インターネット中継」→「録画中継はこちらから」→「本会議」→「平成20年」→「2月定例会」の一覧から見られます!!