林業再考(右京区高雄にて)

2008.09.19 Friday|過去のブログしんじ

9月9日、インターンの学生3人と連れ立って、久しぶりに地元の高雄の山を訪れました。北山丸太づくりでは今は枝打ちをする時期ですが、専門的技術を持ち合わせない我々は、後日枝打ちをする予定の杉に巻きついたツルを取り払う作業をしました。下刈りをしていない急な斜面を足場に、時々トゲに刺されながらも、3時間ほど作業をしました。

その後、お世話になった山主さんと「急務とされる後継者育成には職人の所得保障が必要」「対人関係が苦手で自然と向き合う仕事をしたい人は少なくない。そういう雇用がもっと多く確保されることが必要」「森林の持つ多くの機能を都市住民全般が理解してくれれば、(京都府において)森林環境税の導入も問題はないはず」などの話をしました。

林業の低迷は長期化しています。その中で、間伐されない放置林の増加と職人の高齢化・減少が止まりません。職人の労働環境も大変厳しいものになっています。昨今では、森林組合による委託の仕事で日給8000円ということもあるそうです。京都府では、退職金制度や労災保険はありますが、他の社会保険等に恵まれているとは言えません。

林業は農業とは違い生産のサイクルが極めて長く、規格生産も難しいのです。工場のように短期間で違う製品をつくるラインに切り替え、時代の変化に対応するのは不可能です。

林業の喫緊の課題は、間伐の継続です。これは、地球規模で環境問題に注目が集まる中で、最優先すべき公共事業と言っても過言ではないのではないでしょうか。山で働く人達が、世間から感謝され、生活に不安を感じることなく過ごせる環境整備に全力を尽くさなければならない、そのためには今までにない大胆な施策の見直しが急務だと改めて痛感しました。


ふれあい・心のステーション

2008.09.08 Monday|過去のブログしんじ

去る9月3日、昨年に引き続き、大丸京都店7階で開催された「ふれあい・心のステーション」に行ってきました。この催しは、端的に言えば、京都府にある府立の特別支援学校の生徒達が日々学校で学んでいることを披露する場です。生徒達が作った陶器、木工細工、染め物、野菜が販売され、マッサージ体験ブースなどで技も披露されます。地元右京区御室にある聾学校にたびたび足を運んでいるので、生徒達の技術力の高さは知っていましたが、今年も商品の質の高さには感心しました。私は、それぞれの学校のブースで少しずつ買い物をしました。生徒達の商品が売れた時の笑顔といったら本当に嬉しそうで、接客自体も、貴重な体験であることを実感しました。今年は、洞爺湖サミットが開催されたことなどで世間的に環境への関心が急激に高まったことを受け、商品にもエコバッグが登場しており、私は2つ購入しました。

生徒達は、このように手に職をつけて実社会に出ていくわけですが、この会には就職相談のブースも設けられていました。障害者が自立して生活できることが理想ですが、企業での雇用はなかなか進んでいないのが現状です。先ほど記した聾学校では、昨年インターンシップでの交流がきっかけとなり、一般企業に就職した生徒がいますが、それはまだまだ珍しい例のようです。

経済社会が合理化・高度化へ突き進む中で、世の職場には多様な人間を包み込む包容力のようなものが失われつつあるような気がします。一方で、少子高齢化の進行する中で、高齢者や女性の雇用促進や外国人労働者の受け入れの必要性が叫ばれていますが、そこでは効率だけで評価しない大らかな職場環境が必要とされるのではないかと思います。こうした矛盾をはらんだ状況をどう解決していくのか。自立した多様な存在が共存できる社会、言葉にするのは簡単ですが、この理想をいかに実現するのか、改めて大きな政治の課題だと思いました。


二丿湯しんじ通信 第3号

2008.09.01 Monday|過去のブログしんじ

shinji_news_vol3

※バナーをクリックすると PDF でご覧頂けます