消防団の激励訪問

2008.12.26 Friday|過去のブログしんじ

年末になると、「火の用心」の声を耳にしませんか?消防団員の方々が、連日夜回りをされておられるのです。京都市内では12月20日以降大晦日まで、各地域の消防分団の詰所に団員が集まり、代わる代わる警戒に回られています。そして、私たち地方議員はその詰所に激励のためにお伺いし、地域の色々な事情などをお伺いするのが慣例となっています。

右京区は、古くからの市街地と旧京北町や水尾・宕陰という山間地域に大きく分けられますが、地域における消防団の位置づけや役割も大きく異なります。例えば、山間地域では、少し事情が変わってきたとはいえ、消防団に入ることが通過儀礼的な意味すら持ち、その役割も山火事などの初期消火をするといったものです。一方、市街地では、消火活動ではなく、火災の際に周辺の交通規制など消防署員による活動が円滑にいくような条件整備に努めるのが任務となります。いずれにせよ、地域防災・防火活動の中核であり、地域に不可欠な存在です。

しかし、どの地域においても、団員を確保するのが困難となっています。山間地域では、そもそも若者自体が激減しているし、都市部では地域活動に参加する人自体が減少しています。また、団員はいざという時に対応できる地元で働く方がベストなのですが、サラリーマン社会となった今そういう団員を確保するのがなかなか難しいのが現状です。

そうした状況にありながらも、消防団の方々は地域の安全のために職務に励まれています。12月の24日・25日のクリスマス(イヴ)の両日、私も各所を回りましたが、小さなお子様をお持ちだろう団員さんらが、晩の8時以降に職務に励まれていました。去る12月の代表質問で、「地域の安心・安全に多くの役割を担う地域社会、その組織の実態をもっと広くPRすべき」と訴えました。昨今言われる「地域力の衰退」の一因に、特に都市部において、地域のために献身的に活躍されておられる方々があまり認知されていないということがあると考えています。殺伐とした今こそ、そうした方々にもっと光を当て、地域住民が感謝の気持ちを持つと同時に、地域で助け合う良き慣習を取り戻さなければならない、と思います。


21年度予算とその報道の『東京一極集中』

2008.12.25 Thursday|過去のブログしんじ

平成21年度の政府予算案が閣議で決定されました。世界的な金融危機・景気の急激な悪化を受けて、景気・雇用対策や社会保障費の増加で、一般会計総額は過去最大の88兆円となりました。財政再建路線を一時棚上げにして、歳出の増加を図ったのは、緊急避難的な手段としては正しいと思います。

さて、この予算では小泉内閣以来削減されてきた地方交付税は増えましたが、地方にとってどう見るべきなのでしょうか?

地方の予算は、国から与えられる地方交付税と補助金、地方税、そしてそれぞれの自治体が発行する債券が主な収入となります。そして、主要な財源である地方交付税は、国が毎年定める地方財政計画によって算定されます。つまり、国が地方自治体全体の予算の骨格を決めるわけです。全体として、地方の人件費はいくら、社会保障費はいくら、投資的経費(公共事業費)はいくら、一般経費はいくら、という具合に、自由に使えるのが建前の交付税ですが、算定の段階で内容にまで踏み込んでいるのです。

今年の地方財政計画はと言うと、交付税総額は増えたものの、その内訳は、自然に増加する社会保障費が増えた一方で、人件費と投資的経費はマイナスというものです。これは、地方の規模を縮小しようとする小泉内閣以来の基本方針のままです。地方の人員は、今年が3万人、来年は2万5千人の削減となり、この2年間で18人に1人(5.5%)減らす計算です。一方、国の公務員は、同時期に1%も減りません。こうした事実、つまり「地方では血の滲むような行財政改革をし、国では殆ど進んでいないということ」は、新聞やテレビではあまり報道されず、一般にも知られていません。今回の予算案の報道でも然りです。

私は、去る12月定例会の代表質問で、「次の京都府総合計画で、活力と夢と希望ある京都の姿を描くはずだが、それを実行しうる人的・財政的な整備はきっちりとできているのか?これまで通り、人と予算を削り続けるだけでいいのか?」と問いただしました。知事からは明確な答弁はありませんでしたが、それは上記のような理由から、国が地方を縮小しようという方向で動く限りそれは難しいというサインなのだということです。

この度の地方財政計画やマスコミの報道で、地方分権の必要性が声高に叫ばれながら、政治も行政もマスコミも依然として東京からしか物を見ていないのが現状なのだと再認識しました。


地方議員の日曜日

2008.12.16 Tuesday|過去のブログしんじ

「議員は議会の無い時何をしてるのか?」そうお思いの方も多いと思います。

地方議会は、大統領的な知事を筆頭とする行政の仕事をチェックするのが役割です。具体的には、お金の配分とその適切な使用(予算・決算)を審査し、そのお金を使う事業などが適切になされているか日々確認するのです。その中で、不備を指摘したり、行政への新たな需要を伝えたりします。そのために、日頃から色々な場に出向き多くの方とお話をし、住民から見える行政の姿を確認しています。

さて、昨日も色々なところへ伺いました。

まず「お茶会」です。一般的な茶の湯ではなく、貴族の文化を研究する「有職研究会」主催のお茶会でした。さすがに源氏物語千年紀の今年に数多くの催しが行われる京都だなと、抱え持つ文化の多様さと奥深さに驚くばかりです。そうした「ほんまもん」の文化によって、生活に潤いがもたらされ、多くの観光客を招き、さらには新産業を創出すること、私が取り組んでいきたい課題です。

次に、私の出身校である西院中学校で行われた餅つきです。地域の各種団体の方々や学校の先生などが世話をして、子供連れの多くの方がつきたての餅を堪能していました。地域の絆を再び強めること、これも私の取り組みたい課題です。

それから、伏見のパルスプラザで行われた「環境フェスティバル」に行きました。屋外にはエコカー、ペレットストーブなどが展示され、屋内には水・山・海・空気・動植物に関わる数多くのブースがあり賑わっていました。土・日の二日間で、2万5千人が訪れたそうで、環境保全への意識の高まりが伺えます。

その後、西京極球場で行われた右京区の少年野球大会の閉会式に参加しました。優勝チームの選手たちにメダルをかけていると、私の少年時代を思い出しました。残念ながら今回は、私の出身チームは優勝できませんでしたが、先輩として次回は頑張ってほしいと思います。

最後に、ハイアットリージェンシー京都で行われていた尾上瑞宝さんの「一閑張」の個展に参りました。尾上さんは、私が東京で父の秘書をしていた時に親しくしていた先輩のお母さんです。古びて味わいを深めた長持やせいろなどの木製の生活用具に和紙や柿渋で新しい命を吹き込まれた温かみのある作品がたくさんありました。江戸時代から続く洗練されたその手仕事は、現代の生活にも新鮮な彩り与えうるし、日本の伝統工芸品の多くは、「和」が世界で注目されている昨今世界に向けてもしっかりとPRすべきと改めて思いました。


鳴滝了徳寺の大根焚き

2008.12.14 Sunday|過去のブログしんじ

12月10日、本会議前の午前中、鳴滝の了徳寺の風物詩「大根焚き」に出かけました。本当に多くの方で賑わっていましたが、ざっと3000本の大根を5000人に振舞われるとのことです。

大根焚きは昔、この地に立ち寄った浄土真宗の開祖親鸞に村人が大根を塩で炊いてもてなしたのが始まりと言われているので、750年の歴史になります。その間に、すっかり地域に根付き、無くてはならないものになっているのでしょう、地域の方が大勢、受付や調理や周辺の交通整理に至るまで忙しく働いておられ、寄せていただくたびに感心します。

さて、お堂では報恩講ということで、4、5人のお坊さんがお勤めされており、数珠を手に熱心に読経する方々の姿も見られました。私も日頃よりの感謝と今回も寄せて頂けたご縁を有難く思い、仏様に手を合わせました。了徳寺さんは、初めての選挙で演説会でお世話になった思い出の場所でもあります。

諸病を封じてくれるという熱々の大根とおあげを頂いて体も温まりましたが、お堂で賑わいと活気に触れこの地域の温かさをしみじみと感じました。いつまでも続いて欲しいと思います。


父親になる準備パート3

2008.12.10 Wednesday|過去のブログしんじ

本日12月9日、安産祈願のために妻と一緒に「わら天神」にお参りしまた。

今日は授乳祈祷の日(妊娠9ヶ月目の月の9日にお参りする九ヶ月九日詣りとのこと)ということで、妊婦さんらたくさんの参拝客がおられましたが、さすがに夫連れは私が確認した限り私以外に二人しかいませんでした。現在はそれほどサラリーマン社会になっており、働く男性が時間の融通がつけ難い世の中なのだと再認識しましたが、であれば、一昔前とは子育て環境も随分と異なるのだと推察できます。

神様にお参りし、母乳が良く出るようにと祈祷済みの甘酒の素を頂きました。今晩早速、夫婦二人で頂きました。私は、よくお乳が出るようになったら困るのですが(笑)、いや、逆に凄い話題になるかも!

冗談はさておき、こうして、日々私は父親になる準備をしています。女性は、妊娠してから日に日にお腹が膨らんだり自らの身体が変化していく、そして劇的な出産を経験することで、またホルモン分泌などの面でも、母親になることは体感できるものでしょう。その一つの例ですが、最近私の妻のお腹は赤ちゃんの元気な胎動で激しく波打っています。それに対して、男性は、自ら体感できる変化は何もありません。よっぽど意識して、「彼氏」→「夫」→「父」の階段を上るように努めないといけないなと考えています。

いずれにせよ、新しい命を授かり、それが母体で成長しこの世に生まれ出ずることは、本当に神秘的だと思います。出産時も、赤ちゃんは誰に教わるともなく、母親の体から回転しながらこの世に姿を現すのです!そんなことを思いながら、意味と意思をもってこの世に生まれ出ずる新たな命を、どう世話していこうかと思案する日々が始まっています。


代表質問をして、・・・

2008.12.08 Monday|過去のブログしんじ

予告しておりましたとおり、5日(金)の本会議で会派を代表して質問に立ちました。とはいえ、会派で了承を得はしましたが、自分が練り上げた質問です。これが、議員の皆さんや理事者のみならず、議会傍聴者やTVの向こうの府民の皆様に訴えるのだと思うと、緊張もひとしおでした。

しかし、議会人は府民の声をもっともよく代弁しているという信念と自信が無ければ務まらないとの原点に返ったところ、自然と緊張もほぐれ、堂々と演壇に立つことができたと思います。内容の詳細については、後日京都府のHPにアップされる録画動画に譲りますが、概要を述べれば次の通りです。

まず、「今こそ、伝統が未来を拓く!」という私の信念を述べた後、日頃より歴史に培われた京都ならではの「環境と文化」における知恵で「未来の扉を開きたい」と述べておられる知事に、難しい社会状況の中での府政運営の価値基準はどういったところにあるのかを問いました。それに続き、「良き伝統」「すばらしい文化」を参考にして、「支えあう地域づくり」をどう進めるのか、「伝統産業の活性化と新産業の育成」をどう図るかなどについて質問しました。

質問の最中にも、事務所に「今大変良いことを言っている」との激励の電話を頂いたそうですし、その後もFAXなどで激励も頂きました。後日お会いした方々にも、「堂々としていた」とか「真士ワールドが感じられよかった」などの感想を頂きました。もちろん、肯定的な意見ばかりではないでしょうが、質問の後にそういう評価をいただけると、大変励みになります。

今後も、府民の皆さんに「なるほど、そうか」とか、「よく言ってくれた」といったお言葉をいただける、真に府民の代弁者となれるよう頑張りたいと、想いを強くしています。今後とも、ご指導ご支援のほど、宜しくお願い申し上げます。


12月5日の本会議で代表質問します!

2008.12.03 Wednesday|過去のブログしんじ

1日から府議会の12月定例会が始まりましたが、5日の本会議で自民党議員団を代表して、質問する機会を頂きました。

本会議での質問は、会派を代表する代表質問と議員個人の裁量でできる一般質問の二つがあり、前者は教育委員会・警察本部の所管事項以外は、全て知事が答弁しますし、TV(KBS京都)で生中継されます。

私の質問は、
  1.知事の府政運営の機軸について
  2.地域力の再生について
  3.府市協調について
  4.文化力を活かした産業育成について
  5.京都府の戦略的な体制整備と財政状況について
  6.身体障害者に対する駐車禁止除外指定車標章の交付について
などの予定となっております。

詳しい様子は、TV中継を是非ごらんください。(12月5日、13:00~、KBS京都)
また、インターネットでのライブ中継もありますし、数日後からは京都府のHPでも録画がご覧になれます。


二丿湯しんじ通信 第4号

2008.12.01 Monday|過去のブログしんじ

shinji_news_vol4

※バナーをクリックすると PDF でご覧頂けます


平成20年度12月定例会が始まります

2008.11.30 Sunday|過去のブログしんじ

明日12月1日(月)より、京都府議会の12月定例会が始まります。私は、12月5日(金)の本会議で自民党議員団を代表して質問をする予定です。この様子は、KBS京都でも放映されますので、是非ごらんください。また、この様子は、後日京都府議会のHPでもご覧いただけるようになります。

なお、12月定例会の予定は以下の通りです

 1日:本会議
 4日:本会議(代表質問)
 5日:本会議(代表質問)
 8日:本会議(一般質問)
 9日:本会議(一般質問)
10日:本会議(一般質問)
11日:常任委員会
12日:常任委員会
15日:特別委員会
17日:本会議

本会議・委員会の模様は、いずれも後日京都府のHPでご覧になることができます。


『政治を語る』関西広域連合について

2008.11.30 Sunday|過去のブログしんじ

京都府議会では、議会活動を広く府民に知っていただくために、7つの常任委員会がそれぞれ年に1回、TV番組として放映されています(KBS京都)。その時は、委員(府議会議員)が理事者(府庁職員)に質問するという通常の委員会の形式とは異なり、委員同士の議論となります。

去る27日、私が所属している総務常任委員会の収録がありました。テーマは、「関西広域連合」についてです。

現在、明治時代以来の中央集権的な官僚機構が制度疲労に陥り、また東京一極集中を引き起こしているとして、多極分散型の国土の形成が喫緊の課題とされています。そのための手段である「道州制」の議論が、国でにわかに盛んになってきていますが、地方としては、市町村合併の反省から上からの押し付けの「道州制」(地方分権)ではなく、地方が主体的に提案する地方分権が必要だとの認識が広がっています。

その中で、関西では、国からの権限委譲をも要求できる「関西広域連合」を設立しようという議論が、都道府県・政令市・経済団体が構成している「関西広域機構」で行われています。例えば「防災・観光・医療」などの広域的な行政課題に対応するためにそれを設立して、実績を重ねることで国からの権限委譲も進めようという試みです。平成21年度のできるだけ早い段階で設立をとの取り決めがなされました。もちろん、そのためには、それぞれが議会で承認を得る必要がありますが。

私は、東京一極集中の是正には大いに賛成ではありますが、関西広域連合の拙速な設立には慎重な姿勢を発言をしました。そもそも、関西広域機構に参加する団体の間でも広域連合の設立のための想いが異なります。そのまま出発すれば、途中で身動きが取れなくなる懸念があります。しかも現在早期に取り組むべきとされる広域的な課題は、一部事務組合などの組織で事足りるのです。

さらに、特に大事だと思うことは、関西広域連合が将来の道州制を踏まえたものであるならば、それは将来の我々の故郷を創る第一歩になるわけで、そうであれば、「関西とはどういうもので、今後故郷をどう築いていこうか」というアイデンティティに関わる議論をしっかりとなさねばならないと考えますが、そうした議論は一切なされている形跡がありません。それでは、全く不十分といわざるを得ません。

今後の我々の故郷の形を作っていく議論だからこそ、拙速を避けじっくり煮詰めていく必要があると思います。

放映は明日12月1日(月)の9:30~10:30
2週間ほど後からは、京都府のHPでも見られる予定です。皆さん、是非ご覧ください。